「自国の批判をする韓国人は存在を許されない」と韓国人作家

NEWSポストセブン / 2015年1月6日 7時0分

 日韓国交正常化50周年の今年、韓国の反日の嵐は衰える気配がない。

 なぜ韓国人が日本への復讐心と劣等感を拭い去れないのか──この謎に迫り、昨年夏、韓国で大論争を巻き起こした話題書『あなたたちの日本』が、『韓国人の癇癪 日本人の微笑み』と改題して小学館より出版された。

 同書の著者・柳舜夏(ユ・スンハ)氏と『恨の法廷』など韓国関連の書も多い作家の井沢元彦氏が、韓国が抱える「歴史の宿痾」を論じ合った。

井沢:このような本を韓国で出版できたことに、まずは「おめでとうございます」と申し上げます。

柳:幸運にも勇気ある出版社に出会えました。日本での出版も実現し、日本の読者と出会う機会ができたことにも感謝しています。

井沢:かつて『親日派のための弁明』を書いた金完燮氏(キムワンソプ/※注)は、戦前の日本の朝鮮統治を肯定的に評価したことで処罰されています。

 私は金氏と対談したことがありますが、彼の知り合いの歴史学者は「著書の内容は正しい」と褒めたが、同時に「自分が褒めたことは内緒にしてくれ」と頼んだそうです。柳さんの身に危険は及んでいませんか?

柳:韓国で親日派の烙印を押されるのは致命的で、最近も首相候補の文昌克氏が日本による統治を肯定する過去の発言を問題視されて失脚しました。私は政治家でも学者でもなく作家という自由人の立場ですので、今のところは大丈夫です。ただ、言論の世界では激しく批判されていますし、暴言も浴びています。

井沢:逆に、共感や支持の声はありますか?

柳:もちろんあります。しかし、やはり批判のほうが多いです。

井沢:10年前、20年前と比べて、韓国国内の空気は変わっていますか。

柳:悪化していると思います。日本統治時代を知っている世代はどんどん減り、日本に行ったこともなければ、日本人に出会ったこともない人々が、やたらと反日を叫んでいる。安倍晋三首相と朴槿恵大統領がお互いにそっぽを向いてしまっていることも影響している。

井沢:今回、柳さんの著書を読んで、日本文化の解釈に多少異論があるものの、基本的には志を同じくする人だと感じました。私も韓国を批判しているのは、隣国人として「韓国にいい国になってほしい」という気持ちからであって、嫌いだからではありません。

 たとえば朝日新聞のように、真偽を確かめもせずに韓国に迎合してその主張を垂れ流すのは、韓国人の耳には心地いいかもしれませんが、それで韓国社会はよくならないし、日本人の嫌韓気分を増幅させるだけです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング