東出昌大と入籍した杏 今春予定挙式の親族席で悩みを抱える

NEWSポストセブン / 2015年1月6日 16時0分

 2014年12月31日午後、杏(28才)と東出昌大(26才)は、都内の自宅で慌ただしい時間を過ごしていた。夕方、東出は生放送出演のためNHKへ。夜7時過ぎ、東出が自宅へ帰ってしばらくすると、ともにロングコートにつばの大きなハットを合わせたおそろいのスタイルで、2匹の犬とともに車に乗り込み、出発。そのまま東出の実家へと直行した。東出の母とともに夕飯を食べ、『紅白』を見て、午前0時、新年を迎えた。

 そして杏と東出は、車に乗り込むと近くの区役所へ行き、婚姻届を提出。夫婦となって区役所から出てきたふたりは幸せそうな笑顔を浮かべていた。

「挙式・披露宴は、撮影が落ち着いた今春を予定しているそうです。ただ、杏さんは今、親族席をめぐってちょっと頭を抱えているそうです…。実母のA子さんとの仲がこじれてしまっているようなんですよね」(芸能関係者)

 杏は、父・渡辺謙(55才)と長く確執が伝えられてきていたが、それは、13年前のA子さんとの泥沼離婚が原因といわれている。そして今回、杏とA子さんの仲がこじれた原因もまた、渡辺一家の厄介な話に端を発する。

 1983年9月、渡辺とA子さんは結婚し、兄・渡辺大(30才)と杏をもうけた。しかし2001年12月、約2億円ともいわれる豪邸が税金滞納で差し押さえられていたこと、A子さんが杏の同級生の保護者らに多額の借金をしていることが発覚した。

 当初渡辺は、借金の理由を「白血病の高額治療」と「自宅の住宅ローン」と釈明したのだが、翌2002年3月に別居が発覚。同年7月、渡辺は「離婚成立」と「子供の親権」を求めて、A子さんを東京地裁に提訴した。法廷では、以下のような驚くべき事実が明らかになっていく。

●A子さんが、知人など約50人から計2億円もの借金をしている。
●A子さんは、その同時期に2億5000万円を宗教団体に振り込んだ。

 そしてついにはA子さんが借金は渡辺の女性問題をもみ消すためのものだったと証言したことから、泥仕合の様相を呈していく。その女性問題に関しては、女優9人の実名を挙げての告発となった。そうして家族が崩壊していくなかで、杏はA子さんに寄り添い続けた。

「渡辺さんは豪邸を出る時に、杏さんを連れて出て行ったんですが、彼女は自分の意志で母親の元へ戻りました。2005年3月、離婚裁判は渡辺さんの勝訴で決着しましたが、杏さんの親権はA子さんが持ち、以降、ふたりは、借金返済のために二人三脚で生活を送ったんです」(ワイドショー関係者)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング