Eテレで偉人演じる中村獅童 印象に残ったのは近松門左衛門

NEWSポストセブン / 2015年1月7日 16時0分

 NHK Eテレで放送している小学生向け社会科番組『歴史にドキリ』(毎週水曜9時20分~、10分間放送)では、歌舞伎役者の中村獅童(42才)が、歴史上の人物を現代風にアレンジしながら歌って踊って演じている。獅童が演じた偉人の数はこれまで40人にも及ぶ。

 10分の番組だが、衣装やメイクなど、大河ドラマも手掛けるスタッフが担当しており本格的だ。

「源義経の回で着ていた衣装は、タッキー(滝沢秀明・32才)がNHK大河ドラマ『源義経』で着ていたものでしたね」(中村獅童、以下同)

 小学生向けの子供番組だからこそ、手を抜かないというこだわりも見え隠れする。

「たとえば、平塚らいてうは、女性地位向上のために尽力した人だけど、強くなりすぎず、あえてかわいく演じました。北条政子は気性の激しさが有名だけど、彼女は品性のあった人だと思ったから、そこは忘れちゃいけないと思って演じました」

 40人演じてきて、印象に残っているのは、やはり歌舞伎と縁が深い近松門左衛門だ。

「あの回は、人形遣いも実際の文楽のかたで、舞踊をしているのもぼくと弟子の中村蝶紫ですからね。近松ものの演目が好きなぼくにとっては、思い入れが強い、もう一度、やってみたい人物ですね」

 日本の偉人をほぼ演じ尽くした次の目標は? もしかして世界の偉人たち?

「いや、それは…。世界の偉人たちとなると、もう果てしなくなるからねぇ(笑い)」

※女性セブン2015年1月22日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング