阪神キャンプ 話題はすべて江夏・掛布にさらわれるとの懸念も

NEWSポストセブン / 2015年2月3日 16時0分

 2月1日、プロ野球12球団が一斉にキャンプインしたが、昨年惜しくも日本一を逃した阪神は「今季こそ」という思いが例年に比べて強い。

 球団創設80周年の節目の年でもある。補強には失敗したものの、海外FAを宣言した鳥谷敬の残留が決まって戦力低下を回避し、30年ぶりの日本一を目指す。

 だが、ある阪神OBはこう語る。

「話題は全部、江夏・掛布コンビに持っていかれるんやろね」

 沖縄・宜野座では江夏豊臨時コーチ、そして掛布雅之GM付育成&打撃コーディネーターという2人のレジェンドOBが初日から指導することが決まったが、2月7日までの期間限定。

 そのためファンとマスコミの注目は最初の1週間だけと予想されている。

「その後は出がらしや。選手にはOBに全部話題をさらわれんように頑張ってほしいけどな」(同前)

※週刊ポスト2015年2月13日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング