なべやかん 「ラーメンの替え玉を遠慮せずに頼んで」と要望

NEWSポストセブン / 2015年7月18日 7時0分

写真

「ラーメンの替え玉、遠慮せずに頼んで!」と言うなべやかん

“替え玉事件”で世間を騒がせたのは24年前のこと。なべおさみが通算で3浪となる愛息を進学させようと、明治大学商学部第二部(夜間)に替え玉受験させたことが公となり、ワイドショーで連日、放送される騒ぎになったのだ。その当事者が芸人のなべやかん(44才)だ。その後、たけし軍団入りして芸能界へ。当時の心境から、現在まで続く替え玉事件の影響について洗いざらい語った。

――24年前のことですが、なべやかんさんといえば、替え玉事件を思い出します。

なべ:今でもすごく言われますからね。普通は不祥事を起こした芸能人がテレビに出てきたりしても、腫れ物に触るような感じじゃないですか。「お前ペニオクやったよな」とか、覚醒剤で捕まった人に「また手を出したい?」「お好み焼きを作っている時に、粉を見てどう思うの?」とか、聞かないじゃないですか。

 ぼくの場合って、芸名の“やかん”が、夜間部(二部)の“やかん”の意味もあるので、十字架を背負っているようなものなんです。もう、避けようにないですね。

――今では、芸人として「おいしいな」という気持ちもあるんですか?

なべ:いやいや! 反省して「すみませんでした」と深々と頭を下げつつ、自戒の意味を込めて、あの頃の話をしています。

――お父さんのなべおさみさんとは、今でも替え玉事件の話をしますか?

なべ:新事実が出たら教えてくれたりしますよ。今だからわかる、大学の裏口入学の“伝統”とか。学校によって、やりかたが違うそうですよ。替え玉受験をやってる大学がいっぱいあるらしいとかね。まあ、ぼくがそんなこと言っちゃいけないですけど(笑い)。

――当時、自分が替え玉で入るというのは、事前にお父さんから聞いていたんですか?

なべ:替え玉というやりかたは、聞いていませんでした。大学入学式の前日くらいに、写真がおかしいと大学に呼ばれて知ったんです。

――写真がどうおかしかったんですか?

なべ:受験票とテストを受ける用の、2枚書類があるんですけど、ぼくと違う人の写真が、それぞれに貼ってあったんです。それで、写真がおかしいぞと。相撲部に推薦入学するということになっていて、写真もぼくと少しも似ていないんです(笑い)。

――今となっては、入学する前に発覚してよかったと思いますか?

なべ:入ったところで学力もついていけないと思いますし、そこでできた友達にずっと嘘をついて生活することになってしまうので、結局どこかでカミングアウトしていたと思います。そう考えると、あれでよかったと思いますね。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング