人気占い師が提言「オコエ選手は海外のほうが活躍しやすい」

NEWSポストセブン / 2015年8月30日 7時0分

写真

清宮選手とオコエ選手の将来を占うキャメレオン竹田

 西洋占星術とタロットカードを駆使した独自の占いで話題の占い師・キャメレオン竹田。『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)や『TOKIO×(カケル)』(フジテレビ系)などテレビでも活躍中の彼女が、話題の有名人の未来を予測するシリーズ「“きゃって”に占い」。今回は、夏の甲子園で活躍し、ともに「U-18ベースボールワールドカップ」の侍ジャパンのメンバーとして出場する、早稲田実業1年生の清宮幸太郎選手と、関東一高のオコエ瑠偉選手を占ってもらいました。

【プロフィール】
清宮幸太郎
生年月日:1999年5月25日 16歳
出身地:東京都
早稲田実業高校野球部1年生として第97回全国高等学校野球選手権大会に出場。準決勝まで進出し、2本のホームランを打つ。18歳以下の野球ワールドカップ(8月28日?)に出場する日本代表に選出。父親は、元ラグビー選手でトップリーグ・ヤマハ発動機ジュビロ監督の清宮克幸氏。

オコエ瑠偉
生年月日:1997年7月21日 18歳
出身地:東京都
ナイジェリア人の父と日本人の母を持つ。関東第一高校野球部3年生として第97回全国高等学校野球選手権大会に出場。並外れた身体能力で活躍し、チームの準決勝進出に貢献。18歳以下の野球ワールドカップ(8月28日?)に出場する日本代表に選出。高校卒業後のプロ志望を明らかにしている。

 * * *
──今年の夏の甲子園を沸かせた2人の高校球児について占っていただこうと思います。まずは、早稲田実業の清宮幸太郎選手。中学生時代から怪物と称されていた選手で、1年生ながらレギュラーとして試合に出場していました。

竹田:ホロスコープ的には、瞬発力もあって、流れに乗る力もあって、大きな場面で底力を発揮できるタイプですね。

──スポーツマンとしては、とても良い感じですね。

竹田:そうなんですよ。大事なところで結果を出すタイプです。

──今年、清宮選手は1年生として甲子園に出場し、準決勝で敗れてしまいました。たとえば2年後、3年生の夏なんかは、どうなっているんでしょうか?

竹田:清宮選手のホロスコープを見ると、もともと“行動”や“エネルギー”などを司る火星と、人生の方向性を決める太陽が120度という良好な角度で配置されています。そして、2017年夏、その火星にちょうど “拡大や発展”を示す木星が乗ってくるんですよ。というわけで、ホロスコープ的には2年後の夏はとても良いです。これからのびのびと育てていけば、かなり良い結果に結びつく可能性が高そうですね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング