200kgのアカエイや100km/hで泳ぐカジキ、82kgナマズの写真

NEWSポストセブン / 2015年10月15日 7時0分

写真

ジェレミー氏が捕獲した巨大アカエイ

「ディスカバリーチャンネル」と「BBC(英国放送協会)」が共同制作するCSチャンネル「アニマルプラネット」で放送中の『怪物魚を追え!』は、イギリスの生物学者ジェレミー・ウェイド氏が「人を襲った魚がいる」などの情報をもとに世界中の川や湖に赴き、そこに潜む巨大生物を捕らえる人気番組。

 ここではジェレミー氏が捕獲した「怪物魚」を3種類紹介しよう。

【アカエイ(アルゼンチン・パラナ川)】
 世界最大級の淡水魚。危険を感じると、人を死に追い込むほどの猛毒がある長さ20センチ超のトゲを出す。捕獲した個体は体長1.5メートル、重さ208キロ。

【メコンオオナマズ(タイ・メコン川)】
 草食性で歯がない。釣り上げたものは大人の身体よりも重い約82キロ。引く力が強く、ジェレミー氏は川に引きずり込まれながらも捕獲。

【バショウカジキ(インド洋)】
 泳ぐ速さは時速100キロ超。「水中最速の生物」といわれる。写真はジェレミー氏が海にリリースしているところ。体長2.5メートル。

 (c)2015 Discovery Communications

※週刊ポスト2015年10月16・23日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング