大舞台になればなるほど実力を発揮するカトパンの仕切り力

NEWSポストセブン / 2015年10月10日 7時0分

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、恐るべきカトパンの仕切り力について詳細レポート。

 * * *
 フジテレビの加藤綾子アナウンサーの仕切りを生で拝める機会に恵まれた。

 SMAPの香取慎吾クン主演の映画『ギャラクシー街道』の完成披露試写会(東京ドームシティホール)である。

 完成披露試写会や映画初日の舞台挨拶は、その映画に出資しているテレビ局のアナウンサーか、以前も書かせていただいた“映画コメンテーター”という肩書きを勝ち取ったフリーアナウンサー(もどき? 失礼)がつとめる。

 この映画コメンテーターの多くは、どういうワケかキャストや監督らに異様に馴れ馴れしく、記者や集まったファンにやや不評だ。

 逆に、テレビに出ているときより観客らにありがたがられるのが局アナ。思えば、局アナを生で見る機会というのは、一般の方にとって、それほど多くないのかもしれない。

 で、局アナによる仕切りについてなのだが、映画館やホールなどで多くの人を前にしたときと番組出演しているときとでは、その実力に大きな差がある場合が多いのである。

 これまで私が見てきたなかで、それが比例していたのはTBSの安住紳一郎アナだけと言っても過言ではない。もっとも彼の場合、出てきたときや、仕切り途中での笑いのとり方などが登壇している演者たちを超えてしまうことが多々あって、それはそれで、やや問題であるような気がする。

 その逆で、あの吉川美代子サンが実力をかっているTBSの江藤愛アナがドラマ『新参者』の初回試写を仕切った際は、新人のときだったとは言え、キャストから誤りを何度も訂正されるようなとっちらかり方だった。

 そして、以前、“軽部問題”と書かせていただいたフジテレビの軽部真一アナである。彼の場合、あれほどのベテランなのに番組の仕切りがマズかったり、多くの人を前にするとアガってしまうという欠点があるのだが、試写会や発表会の仕切りではさらに悪くなる。

 以前、当コラムで映画『HERO』の初日舞台挨拶で吉田羊サンのことを2度にわたって「吉田礼サン!」(役名の馬場礼子とゴッチャになってしまった)と紹介したことを書いた。

 その軽部アナが、ジャニーズWESTの小瀧望クン初主演舞台『MORSE-モールス-』の制作発表会見を仕切ったのだけれど、これが本当に下手だった。

 構成も異様で、まずは軽部アナが延々とストーリーを説明。あまりの長さに「早く、のんちゃん(小瀧クンのニックネーム)、出して!」と女性記者が文句たらたらだった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング