中国人観光客爆買い 少しだけと言いつつ150万円購入の男性

NEWSポストセブン / 2015年10月27日 16時0分

写真

家電など約150万円大量購入した中国人観光客

 訪日する中国人観光客による「爆買い」現象が起きてから、1年以上が経つ。初めは、炊飯器などの家電製品をいくつも大量買いする客が目立っていたが、今は薬や化粧品、子供服などそれぞれが欲しいものを欲しいだけ買ってゆくケースが増えている。中国の大型連休である国慶節(10月1~7日)、大阪の街に大挙してやってきた彼らに直撃してみた。
 
「赤ちゃんの服を買って帰りたいと思っていて…。この辺に、『ミキハウス』というお店があるらしいんだけど、知らない?」と、声を掛けてきたのは、中国から来たバスツアーの客。

「今、中国で人気の日本製品は子供服と健康用品。あとは、(おもちゃ店の)"博品館"も評判がいいわ。やっぱり子供は大事にお金をかけて育てたいの」

 今回、国慶節を利用して来日した中国人観光客は約40万人。前回われわれが取材した時のように、人気の炊飯器、ポットなどの家電が爆買いされていると思いきや、「もう親戚一同、炊飯器を買ってしまったからしばらくはいらない」という声も。

 今は、個々が欲しいものを欲しいだけ買うのがトレンドだという。「どうしても日本製の目薬が欲しい」「日本の医療は安全だしサービス性も高いから買い物のついでに病院に行く」「秋葉原でガンダムのプラモデルを爆買いした」。「爆買い」の対象は少しずつ幅を広げている。

 大阪のダイコクドラッグNEW心斎橋店に買いに来て、20万円以上買った女性は言う。

「日本に留学している娘のところに遊びに来たの。目薬や風邪薬など、とにかく薬をたくさん買ったわ。日本の薬は信用できる。中国のものは、高いし信用できないのよ」

 同じドラッグ店で、やはり20万円以上買った別の女性もこう語る。

「前は家電が欲しかったけれど、今人気の日本製品は、美容グッズ。アイマスクや歯磨き粉、化粧水などたくさん買いました。日本の女性のスキンケアは本当に勉強になるんです」

 関西国際空港では、100万円以上購入した一家が、ほくほく顔で語った。

「とにかく、食べ物がおいしい。とくにうなぎや神戸牛なんか、最高! 日本の電気シェーバーは品質がいいと評判だから、友人にもお土産として買いました。あとは、炊飯器や資生堂の化粧品をたくさん買いました」

 関西国際空港で大量に家電を運んでいた男性は、「ついで」で約150万円ものお土産を購入。

「6日間かけて、京都・奈良・大阪を周りました。どこもきれいだった。これまでは買い物目当てだったけど、今回は観光のついでに少しだけ。炊飯器と、子供服などお土産を買いました」

撮影■WEST

※女性セブン2015年11月5日

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング