1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

芸能人不倫 篠原涼子と市村正親など結果的に祝福された例も

NEWSポストセブン / 2016年3月7日 7時0分

写真

結果的に祝福される例も(篠原涼子)

 ベッキーから桂文枝師匠まで、今年の芸能界はまさに不倫スキャンダルの嵐だが、芸能人にとって不倫は、発覚した「その後」こそが大事だ。テレビの情報番組記者A氏(30代)、スポーツ紙デスクB氏(40代)、週刊誌ベテラン女性記者C氏(50代)の3名を集め、「不倫カップルのその後」をテーマに緊急座談会を実施した。

A:年明けから芸能界の話題を独占したのはタレントのベッキー(32)と「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)の不倫騒動です。CM降板などでベッキーの事務所が被る損害は8億円と噂されるなか、最近になってベッキーがゲスと別れたと報じられました。

B:本当だとしたらもったいない。今年2月に体調不良(脳リンパ腫と判明)で舞台を降板した俳優の松方弘樹(73)のケースでは、30歳年下の元女優・山本万里子(43)が久しぶりにマスコミに登場し、「入籍しなくても一生松方を支えます」と告白した(『女性自身』3月15日号)。あまりに長い期間の事実婚に驚いたマスコミ関係者も多かった。

C:1998年秋に当時の松方の妻・仁科亜季子(62)が『女性セブン』に離婚決意を告白して大騒動になったのよね。原因が当時26歳の山本と松方の不倫だった。それから17年も事実婚が続いたわけで、二人の関係はいまとなっては美談として扱われている。ベッキーにも見習ってほしいわ。

B:てっきり入籍していると思っていたけど、事実婚のままだったのが意外だな。

A:松方さん自身も周囲に「奥さんだ」って紹介していたみたいですね。仁科さんと子供たちの手前、籍を入れるのは控えていたとか。その子供たち(タレントの仁科克基と仁科仁美)とは絶縁しているそうで、これも不倫の現実です。

C:事実婚を続けた女性といえば、1987年にアパレル会社社長の佐々木力氏との不倫が発覚した女優の萬田久子(57)がいます。当時の佐々木氏の妻が「絶対に萬田とは再婚しないこと」を条件に離婚に応じたというが、2011年に佐々木氏が逝去するまで彼女はその約束を守り続けたから見直したわ。

B:未婚のまま出産した当時はひどいバッシングを受けたけど、不倫で女の株をあげた稀有な例ですね。

A:ところが、佐々木氏が亡くなる直前に隠し子の存在が明らかになり、200億円とも言われる遺産相続をめぐる争いが勃発したとされるのは皮肉なものです。

B:因果はめぐるのか……。

C:芸能界の不倫カップルで最も祝福されたのは女優の篠原涼子(42)と俳優の市村正親(67)じゃない?

A:2001年秋に舞台「ハムレット」で共演した二人は急接近しました。顔はオッサンだけど舞台に上がると超カリスマでカッコいい市村に25歳年下の篠原がメロメロになったそう。当時、女優の八重沢真美(54)と仮面夫婦状態だった市村は2003年に離婚が成立し、2005年に篠原と結ばれました。

B:篠原の妊娠に市村ファンの反発が予想されたけど、「マサチカ様の遺伝子を残してくれた」と祝福していて驚きました(苦笑)。

※週刊ポスト2016年3月18日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング