加藤綾子アナは「最高のアナウンサー像」と大学教授が絶賛

NEWSポストセブン / 2016年4月21日 16時0分

写真

司会の合間にもこの隙のない笑顔

 女子アナが誕生してから約60年。これほど華があるスターがいただろうか──。2008年の入社以来、フジテレビのエースアナウンサーとして君臨してきた加藤綾子(30)が4月限りで退社し、フリーに転向する。アナウンサーとしてのカトパンの強みを、メディア文化論が専門の稲増龍夫・法政大学教授はこう語る。

「出過ぎず、かといって引き過ぎず、どの点を取っても目立ち過ぎない。でもいなくては困る空気のような存在。本来求められている最高のアナウンサー像といえます」

 親しみやすく品のある口調で話し、華はあるがかつての河野景子や有賀さつきほど強烈すぎるわけでもない。実に絶妙な好感を視聴者に与える。

 バラエティ番組でも自ら積極的には喋らないが、話を振られれば下ネタにも対応し、「チューしながら喋ったことあります」と自分をさらけ出すことも。

「番組の女子アナ料理対決で2連覇を果たしたり、音楽ユニットを組んで作曲をすることになってもそつなくこなすなど、何でも自然にできてしまう。次々と新たな一面を見せてくれるから人気を保っていられるんです」(同前)

 5月からは生き馬の目を抜く芸能界へ。新たな挑戦からやっぱり目が離せない。

写真■産経新聞社

※週刊ポスト2016年4月29日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング