美智子さまが被災地熊本訪問でかつての側近と奇跡の再会

NEWSポストセブン / 2016年5月30日 7時0分

写真

熊本で元側近と再会された美智子さま

 体育館を後にされる間際、皇后美智子さまはおもむろに1人の男性のもとに歩みを進められ、再びお声をかけられた。天皇陛下とご一緒に被災者たちに励ましの言葉をおくられた後の、異例の「2度目のお声がけ」。そこには、美智子さまもまさかここで再会するとは思いもされなかったであろう元側近の姿があった──。

 5月19日、天皇皇后両陛下は熊本地震の被災地を訪問された。日中の気温は30℃に迫り、立っているだけで汗が噴き出すような暑さの中、羽田発の特別機で熊本空港に到着された両陛下は、自衛隊のヘリコプターで阿蘇大橋の崩落現場や倒壊した学生アパートなどを視察し、黙祷を捧げられた。

「両陛下は、地震発生直後から新聞やテレビを通して被害状況の把握につとめられ、被災されたかたがたを一刻も早くお見舞いし、勇気づけたいとお考えになっていました。余震が続く中での被災地訪問には危険が伴うという意見もありましたが、両陛下の強いご希望と今後の公務やサミットの日程などを考慮した上で、このタイミングでの実現となりました」(宮内庁関係者)

 視察を終えられた両陛下が向かわれたのが、避難所となっていた南阿蘇中学校の体育館だった。

「両陛下はスリッパも履かれず硬い床の上で膝を折り、被災者と同じ目線で励ましのお言葉をかけられました。20分という限られた滞在時間の中で、両陛下はそれぞれお声がけされては立ち上がり、移動してはまた膝をつかれるということを繰り返されました」(皇室記者)

 幼い子供から老夫婦までが、広げたビニールシートや毛布の上に座っている。両陛下のお姿を前にした被災者の表情には、一様に安堵の色が浮かんでいた。そんな中に、冒頭の男性の姿はあった。

「被災者の多くは希望をなくしていましたから、天皇皇后両陛下にご慰問いただき、勇気づけられ、心を癒され、前向きになれたと思います。皇后陛下からは、“元気でしたか、大丈夫でしたか。ご無事でようございました”とお声を掛けていただきました。

 言葉のやりとりはほんの少しでしたが、そのまなざしと表情に感極まる気持ちで、涙があふれてきました。皇后陛下のお優しさは、以前と何も変わらず、穏やかでいらっしゃいました」

 そう語る男性は、家入建次郎さん(75才)。かつて宮内庁の侍従職として、皇太子同妃両殿下時代から40年以上にわたり、両陛下の側近を務めた人物だ。家入さんは退職後、故郷である熊本に帰って暮らしていた。そして今回の地震で被災した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング