安藤サクラ 『ママゴト』でのやさぐれ母親役でさらに光る

NEWSポストセブン / 2016年9月22日 16時0分

写真

安藤サクラの演技が光る『ママゴト』

 女性の生き方が多様化したことでドラマの描き方も変化しつつある。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
『ノンママ白書』(フジ系土曜午後23:40)と、『ママゴト』(NHKBS プレミアム火曜午後11:15)。今、「ママ=母」がキーワードになった2つのドラマが放送されています。「ママ」という共通項はあっても、その中身はまったく正反対。対照的と言いたくなるほどの違いがある。そこが実に面白い。

 まず、フジの『ノンママ白書』。働くアラフィフ、子なし女たちの姿を描くドラマ。「ノンママ」とは、さまざまな事情で子どものいない人生を選んだ女性のことらしい。

 主人公は中堅広告代理店に勤める土井玲子(鈴木保奈美)。その友達・大野(菊池桃子)と葉山(渡辺真起子)、3人のおしゃべりが中心となって進んでいきます。ドラマはのっけから「閉経」の話題に。かつてトレンディドラマの象徴だった鈴木保奈美さんが、自らの閉経についてあけすけに語る。「生理」ネタは、私たち女にとっては日常でもオジサンにとっては「衝撃」。しかも閉経ときた。

「斬新なドラマ」を狙った戦略なのでしょう。友人役の菊池桃子がどこか得意げに「老眼」について話すシーンもしかり。

「老化」「婚活」「年金」「熟年離婚」「孤独死」……アラフィフ女の現実を直に表現する言葉がセリフのあちこちに散りばめられた3人の女子トークがお定まり。毎回、固定カメラで延々と続く。そこが見所と制作陣はふんでいるのでしょう。

 けれど、ドラマとしてはあまりに退屈、クダクダと説明的。役者の基本。それは相手の言葉に反応して、セリフを語ること。しかし、鈴木さん、菊池さん、渡辺さん3人ともに基本を度外視。

 自分が覚えたセリフを、言おう言おうという意識が丸見え。だから、やりとりのライブ感、リアル感が消えてしまう。つまり、自然な会話に見えないのです。これは「ドラマ」じゃなくて、「説明」です。

 とはいえ、『ノンママ白書』はそれなりに注目され人々の関心を惹きつけて共感も得ているもよう。では、視聴者はいったい何に反応しているのでしょうか?

「子供のいない中年女の悩み」「仕事と女の両立」「独身で将来どうやって生きていけばいいのか」。そうした「テーマ性」に関心を抱き、自分にひきつけて考えようとしている視聴者が多くいるのでは? つまり「中年女の生く末」というテーマ性は今後も扱う価値のある、インパクトと深みのある素材。でも、ドラマとしての出来ばえは、首をかしげたくなるところ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング