「貧乏だから…」が口癖の母から上京時にもらった驚きの通帳

NEWSポストセブン / 2017年2月26日 16時0分

写真

最初で最後の母からの贈り物…感動の実話エピソード

 まもなく、進学や就職など、上京の季節がやってくる。そこで、28才の会社員の方にこの季節の思い出を聞いた。

 * * *
「うちは貧乏なんだから、わがままを言っちゃダメ」

 私は幼い頃、いつも自分にこう言いきかせていました。私は生まれてすぐ、父を病で亡くし、母子家庭で育ちました。母は高校卒業後すぐに結婚し、職務経験がなかったため、いい職に就けず、パートを掛け持ちしていたのです。

 小学6年生の時、ズボンの膝が破け、「これで新しいのを買ってもらえる」と淡い期待を抱いて母にお願いしたことがありました。すると翌朝、破れた部分にアップリケを縫いつけたズボンを渡されたのです。私は思わずズボンを投げつけました。こんなズボンをはいて行ったら、笑い者になると思ったのです。

「お母さんは私がどれだけ恥ずかしい思いをしているかわかってない!」

 それまでのがまんが爆発しました。私はそれ以来、母とあまり話をしなくなりました。そして高校生になったある日、私の目を覚ます出来事が。私は母のお弁当を間違って持って行ったのです。そのお弁当は私のものより重く、「私よりいいものを食べてるんだ」などと思いながらふたを開けました。すると、白米しか入っていません。その時初めて、自分の食費を切り詰めて私を育ててくれていると気づいたのです。

 いい大学、いい企業に入って、母を楽にしてあげたい。それからの私は勉強に打ち込み、志望大学に合格。学費も生活費も自分でなんとかするつもりで上京し、ひとり暮らしを始めることとなりました。

 別れの日、母は私名義の通帳をくれました。通帳を開くと、驚くほどのお金が貯められていました。

 この日のために食費を削って、着飾らず、化粧も一切せず…。どれほど苦労したでしょう。今でも母は働いていますが、私も仕送りができるように、今度は私が母の役に立っていけたらと思っています。

※女性セブン2017年3月9日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング