アパ-田母神-森 石川県の狭い範囲にある「保守の苗床」

NEWSポストセブン / 2017年3月15日 7時0分

写真

金沢市内にはアパ関連施設が密集

「書籍問題」で炎上したのアパグループCEO・元谷外志雄氏には様々な顔がある。日本最大級のビジネスホテルチェーンを築いた豪腕経営者にして安倍首相、森喜朗元首相にも顔が利く保守言論の重鎮。元航空幕僚長・田母神俊雄氏の「論文」を世に送り出した人物としても知られる。一体、何者なのか。評論家・古谷経衡氏が生地・石川を歩いた。

 * * *
 南京事件を否定する本がホテルの客室に置かれている──そんな米中二人のユーチューバー・カップルがたまたま大手ホテルチェーン・アパに泊まった際に手にした同グループCEO元谷外志雄氏の著作内容を中国版ツイッター「微博」に投稿したものだから、すわこの「事件」は日中間の国際問題にまで発展した。

 しかし私は元谷の歴史観云々の妥当性を論じるつもりはない。寧ろこの「事件」をきっかけに、国際的に耳目を集めた誰もが知るビジネスホテルの源流を辿ってみたい──。そんな滾る思いに駆られ、気が付けば北陸新幹線の切符を券売機で買い求めていた。目的地は石川県金沢市。そう、アパ発祥の地である。

 二月上旬、北陸随一の大都市・金沢の冬は寒い。長い北陸新幹線のトンネルを貫通して到着したその地の遠景には、冠雪した雄大な立山連峰がそびえる。この光景はかの藤子不二雄(A)(富山出身)の名著『まんが道』で何度も出てくるものだ。

 アパは石川県小松市のいち不動産会社「信金開発株式会社」からスタートした。朝日新聞出版が2014年に刊行した『まんがで学ぶ成功企業の仕事術 アパホテル』は、アパの変遷を知るには絶好の教科書である。

 元谷とその妻芙美子(アパホテル社長)の経営姿勢は、「逆張りの発想」。バブル時代に本業以外の投機に走らず、地道に世の趨勢と逆を行ったがゆえに、バブル崩壊の痛手から逃れた。そういえば米大統領トランプの父も、世界恐慌時代に低所得者向けの廉価な不動産事業を展開するという「逆張り」方式で不況期に財を成した。元谷夫妻とトランプ。不動産から出発して右派思想を開陳する、という点においても実に相似的だ。

 金沢駅からほど近い同市片町にひっそりと佇むのは「アパホテル金沢片町(旧金沢ファーストホテル)」。あまり知られていないが、ここがアパホテルの一号館である。駐車場のある片隅には「定礎・1984年12月元谷外志雄」とあった。アパの源流に触れた思いだ。

 ここまでくると泊まらないわけにはいかない。一泊の料金は驚くなかれ3900円(WEB予約)。施設の外観は建造当時を保ち、内装もお世辞にも最新鋭とは言えないが、ビジネスホテルとして必要十分な気配りは行き届いている。この値段なら☆5つで相違あるまい。室内には定番の折り鶴が。「おもてなし」の心を示すために、元谷の妻・芙美子が始めたサービスという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング