1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

衆院定数削減 大島理森、高市早苗、岡田克也らの戦いは?

NEWSポストセブン / 2017年4月13日 7時0分

写真

衆院定数10削減で何が起こる?

 国会では最高裁で違憲判決が出された衆院選の「1票の格差」是正のため、次の総選挙で衆院定数を10減らすこと(選挙区6減、比例代表4減)を決めた。青森、岩手、三重、奈良、熊本、鹿児島の6県でそれぞれ定数1減となる。

 定数削減の6県では、これからサバイバルが始まる。自民王国の青森(定数4→3)、熊本(同5→4)、鹿児島(同5→4)では自民現職の誰かが選挙区を失うというまさに椅子取りゲーム。いずれも長老議員の去就に注目が集まっている。

◆青森:「定数3でも4人当選させる」
 青森は国対委員長時代「悪代官」の異名を取った大島理森・衆院議長(70)だ。

「大島先生は悲願の新幹線北海道延伸を実現させ、衆院議長を務めてすでに功成り名を遂げられた。まだ党の比例代表定年(73歳)ではないから、次は比例に回っていただければ選挙区調整は丸く収まる。他の代議士たちはそう考えているが、大島議長は県政の実力者だけにお願いしにくい」(青森県議)

 誰も“悪代官”の首に鈴をつけることができないようだ。

 青森選出の自民党議員の秘書に対応を聞くと、「地元でもよく聞かれますが、『青森では自民党の4人全員が当選します』としかいえません」と答える。もちろん4人全員が通っても、1人はその後の領地召し上げとなることが不可避だ。

◆熊本:「引退に追い込まれるのは野田か、園田か」
 自民独占県の熊本には2区の野田毅氏(75)と4区の園田博之氏(75)という2人の長老がいる。財務省OBのドンである野田氏は安倍首相の消費増税見送りに反対して前回総選挙で「公認見送り」が検討され、園田氏も1993年に自民党を離党して以来、四半世紀近く政党を渡り歩き、2年前に復党した出戻り組だ。

 県連関係者は、「どちらが先に引退を決断するか」と注目しているが、「新区割りは4区と5区が合併する可能性が高いとみられている。両者とも粘った場合、園田先生は師弟関係の5区の金子恭之代議士との間で話し合って調整するのではないか」ともいう。

◆鹿児島:「4枠に自民6人。奄美の“島主”に戦々恐々」
 さらに複雑なのが鹿児島。次の選挙では自民党現職5人で4議席を争う1人オーバーの状態で、「県連は77歳の保岡興治氏(1区)に引退してもらい、後継者を立てさせないために医師会や農政連を通じて“3代目の世襲は認められない”といわせている」(地元議員)と保岡おろしの真っ最中だ。

 しかし、問題はその先だという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング