6月に解散総選挙なら、自民党反主流派は「勝算あり」

NEWSポストセブン / 2018年5月8日 7時0分

写真

この人はどう動く?

 政権が窮地に追い込まれるたびに、「解散風」が吹き荒れる。今回、官邸サイドから聞こえる解散論の狙いは野党対策ではなく、自民党内の安倍批判封じにある。遅くとも6月には解散という情報が飛び交うなか、安倍批判を封じ込めるはずの官邸の解散論は、逆に自民党内の危機感を増幅させている。

 とくに風だけで当選してきた1~3回生の安倍チルドレンの動揺が激しい。

「自民党が38議席減と大敗した森内閣の『神の国解散』の時でさえ支持率は30%あったが、いまの安倍内閣は20%台の調査も出ている。いくら野党の選挙準備が整っていないとはいえ、解散すれば大きく議席を減らすでしょう。前回総選挙(昨年10月)で自民党が小選挙区で勝った選挙区のうち得票差が1万票以内だった約30の選挙区は軒並み落選の可能性があります」(政治ジャーナリスト・野上忠興氏)

 そうした中、逆風選挙を戦った経験を持つ非主流派のベテラン議員は解散になれば「反安倍」の旗をあげる覚悟だと言い切る。

「逆風の元凶は安倍総理。解散になって有権者が安倍政権を完全に見限っているとわかれば、われわれは選挙で“安倍政権に代わるしっかりした受け皿をつくる”と訴えて戦う。政策面でも、ポスト安倍の総裁候補たちはアベノミクスを大っぴらに批判して自分たちの独自の政策を掲げるはずです。総選挙が総裁選とごっちゃになって、自民党内は反安倍陣営と安倍支持派に分かれて戦い、より多くの議席を得た方が政権を取るという分裂選挙になる」

 与党から複数の総理・総裁候補が出て総選挙を戦うというのは議会制民主政治の常道からはほど遠いように思えるが、実は、自民党派閥政治時代の“御家芸”でもあった。政治アナリストの伊藤惇夫氏が語る。

「中選挙区制下ではひとつの選挙区から派閥の違う複数の自民党候補が出馬して戦っていた。そのため、反主流派の自民党候補は選挙中に平気で政権批判を行ない、主流派も反主流派を批判する。そうして多くの議員を当選させた派閥が総理・総裁を出す。そうした分裂選挙は普通に行なわれていた」

 表向きの火付け役となった小泉内閣時代に総理主席秘書官を務めた飯島勲・内閣官房参与が解散説の例に挙げた大平内閣の「ハプニング解散」(1980年)がまさにそうだ。

 当時、自民党では福田派を中心とする反主流派が大平政権を批判して内閣不信任案の採決に欠席し、不信任案が成立。時の大平首相は解散に踏みきり、主流派の大平派・田中派と反主流派の福田派が互いに勢力を拡大しようと候補を立てて争う分裂選挙となった(選挙中に大平首相が急死して結果は自民が圧勝。選挙後には大平氏の最側近だった鈴木善幸氏が後継総裁に選出された)。

 小選挙区制になって自民党議員同士が同じ選挙区で争うケースはほとんどなくなったものの、それでも小泉政権の郵政解散(2005年)では、時の小泉首相が郵政民営化法案に反対した議員を片っ端から“除名”して刺客候補を立てるという事実上の自民分裂選挙となり、勝利したことで党内ヘゲモニーを握った。

「いまの安倍首相に反対派を除名して刺客を立てる力はない。万が一、反安倍を掲げて刺客を送られても、かえって“安倍さんに堂々と文句を言った”と有権者の支持を受けて選挙には有利になる。勝てば公約通り安倍降ろしです」

 反主流派議員は“勝算あり”と読んでいる。

※週刊ポスト2018年5月18日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング