DeNA中畑監督時代の主力、石川・荒波らが迎える正念場

NEWSポストセブン / 2018年5月23日 7時0分

写真

中畑監督時代の主力が正念場に(荒波翔。写真:時事通信フォト)

 プロ野球交流戦開幕を目前に控える中、セ・リーグは広島が首位を走り、巨人とDeNAが追走している。広島にとっては、昨年クライマックスシリーズで敗れたDeNAは嫌な存在だろう。オフの補強に成功したDeNAは、戦力が大幅にアップ。昨シーズンはチーム39盗塁だったが今年は既に28盗塁を数える(記録は5月20日現在。以下同)。本塁打47、防御率3.25と合わせ、3部門でリーグ1位となっている。野球担当記者が話す。

「昨季までは控えの選手層が薄く、ケガ人が出るとチーム力が格段に落ちていた。しかし、今年はFAで阪神から大和を獲得し、新外国人のソト、新人の神里和毅、宮本秀明などの新顔がいずれも戦力になり、一気に層が厚くなりました」

 その分、はみ出してしまった選手たちもいる。中畑清監督時代にキャプテンを務めたセカンドの石川雄洋、2012、2013年と2年連続でゴールデングラブ賞を獲得した外野手の荒波翔、代打の切り札だった後藤武敏、ラミレス監督の就任1年目に開幕スタメンに抜擢されるなど大きな期待を寄せられていた内野手の白崎浩之は、今年まだ一度も1軍に呼ばれていない。

「長いシーズンですから、これからチャンスが巡ってこないとは言えない。しかし、セカンドは昨年全イニング出場の倉本寿彦、昨年のクライマックスシリーズ、日本シリーズ全試合スタメンの柴田竜拓、新人で俊足の宮本、経験豊富なベテランの田中浩康という4人がポジションを争っている。

 外野は昨年、不動のレギュラーだった桑原将志、梶谷隆幸が控えに回るのも珍しくないほど競争が熾烈。サードには昨年首位打者の宮崎敏郎がどっしり構え、ショートはFA移籍の大和が守備でも大きく貢献している。レギュラー争いが激しくなったため、必然的に代打の層も厚くなっている」

 昨年、DeNAはシーズン途中の7月に捕手の黒羽根利規と交換トレードで、日本ハムからエドウィン・エスコバーを獲得している。エスコバーは常時150kmを超える速球を武器にDeNA中継ぎ陣に欠かせない存在となり、チーム初のクライマックスシリーズ進出に大きく貢献。今年もタフネスぶりは健在で、リーグ最多の24試合に登板し、防御率1.16と抜群の安定感を誇っている。

「中畑監督時代にレギュラーを務めたこともあった黒羽根はラミレス体制になってから一度も1軍出場がなかったが、それまでの実績があったのでエスコバーとのトレードが成立した、と考えられる。

 そう考えると、今年も7月末の期限までに新たなトレードを成立させる可能性は十分にあります。ドラフト1位の白崎やベテランの後藤の放出は考えにくいが、実績のある石川や荒波は他球団にとっても欲しい選手でしょう。環境を変えれば、もう一花咲かせることができると考えてもおかしくありません。

 DeNAとしては中継ぎを補強したいという思惑もあると思います。エスコバーを始め、三上朋也や井納翔一などが安定した投球を見せていますが、中継ぎは何枚いても困ることはありませんから」

 Bクラスに沈んだ中畑監督時代を支えた主力がもう1度、横浜スタジアムで輝く日は来るか。それぞれの選手たちが正念場を迎えている。

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング