女性4000人に30億貢いだ社長急死、自宅に戻った55歳年下妻は

NEWSポストセブン / 2018年5月27日 7時0分

写真

遺体から大量の覚醒剤が検出されたとの報道も(野崎氏)

 5月26日未明にNEWSポストセブンが報じた、和歌山県の実業家・野崎幸助氏の急逝。野崎氏は酒類販売業や不動産業などで成功を収めた傍ら、艶福家としてメディアに取り上げられ、2016年12月には、『紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男』(講談社+α文庫)を出版したことで話題となった人物だ。

 5月26日午後。和歌山県田辺市にある野崎氏が経営していた会社を訪れると、和歌山県警の警察官ら10人ほどが社内に入っていくのが見えた。社内では白い手袋とマスクをつけた警察官らが、書類を眺めたり、カメラで撮影したりしていた。

 野崎氏は1941年生まれ。地元の中学校を卒業後、多くの商売を手がけ、資産は数十億円とも言われている。同氏は交際クラブなどを利用して多くの女性と交際してきたと公言し、かつて週刊ポストの取材にも、「相手をしてくれる女性に払うお手当は1回30万~50万円。無駄遣いという人もいますが、後悔していません」と語っていた。今年2月には21歳のファッションモデルと結婚したばかりだった。

 近隣住民によると、「24日の午後10時頃、自宅で倒れて救急車で搬送され、そのまま亡くなったらしいと聞きました。つい先日までピンピンしていたから驚きました」というが、死因は明らかになっていない。

 自宅にいた野崎氏の秘書だという女性に尋ねたが、「死因を含め、何もしゃべれません。もうちょっとしたらわかるから……」と言葉少なに語るのみだった。午後6時過ぎ、警察官に付き添われて帰宅した妻にも事情を聞こうと話しかけたが、何も語ることなく自宅に入っていった。

 田辺署は「今、事件性の有無を確認しているところです」と回答した。稀代の艶福家の身に何が起きたのか。続報が入り次第、お届けする。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング