97歳・朝日新聞女性社主を巡る親族と後見人の「介護対立」

NEWSポストセブン / 2018年7月9日 11時0分

写真

大新聞のオーナー家に何が?(時事通信フォト)

 認知症などにより意思疎通が図れなくなった本人に代わって財産管理を担う──成年後見人制度の利用者は年々増加し、2017年末時点で21万人。その一方で、後見人に絡んだ介護や相続をめぐるトラブルも増えている。それは、日本を代表する大新聞の“オーナー家”も例外ではなかった。ジャーナリストの伊藤博敏氏がレポートする。

 * * *
「社主は、1年前まで話しかけると表情豊かに笑い、頷き、気分が良い時には歌もうたっていた。今は医師でもある成年後見人の方針で『見守り』に徹し、誰も話しかけることがなくなり、表情と言葉も失った。可哀想でなりません」

 朝日新聞の村山美知子社主(97)の親族は、力なくこう語った。1879年創刊の朝日新聞は、村山龍平氏を創始者とし、村山家が株の3分の2を保有してスタートした。

 非上場ゆえ株は村山家で受け継がれ、その該当者は「社主」と呼ばれる。美知子社主は、龍平氏の女婿・長挙氏の長女で、生涯独身で子供はいない。40年以上前から社主を務めているが、2年前の7月、肺炎をこじらせて大阪の北野病院に緊急入院。集中治療室を経て、今は特別室に在室している。

 要介護度5で歩行困難。経鼻栄養チューブで食事を摂り、会話は気管切開部に装着して発声する医療器具が必要で、認知症も進んでいるという。

 しかし、美知子社主が雇っていた介護スタッフが、付きっきりで介護にあたり、一時は「笑い、うたい」といった行為ができるまで回復したという。

「ドラマや歌舞伎などのDVDが好きで、お花見や誕生会などの時には、車椅子で外に連れ出すこともあり、社主はとても喜んでいました」(介護スタッフ)

 ところが、昨年7月にそうしたひとときは終わりを告げた。介護方針が大きく変わり、間もなくして9人いたスタッフが全員解雇される事態となったのだ。

◆「社主は“なんで?”と涙を流した」

 美知子社主は、倒れる寸前、将来の相続を考えて後見人制度の利用を申し立てた。「財産管理」を藤木克尚税理士、「身上監護」を吉田途男医師が担うことになった。先述の介護方針変更は後者の吉田氏が決定したとされる。

 美知子社主の父、龍平氏は、明治時代に神戸の高級住宅地・御影に約6000坪の屋敷を構え、敷地内に重要文化財を含む書画骨董を所蔵する「香雪(こうせつ)美術館」を併設した。今年3月、その分館として朝日新聞大阪本社の敷地内に「中之島香雪美術館」をオープンしたが、それが、騒動のきっかけとなった。前出の親族が解説する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング