文部官僚「裏口入学」事件 あの学園を連想させる構造的問題

NEWSポストセブン / 2018年7月24日 16時0分

写真

裏口事件で開かれた野党のヒアリング(時事通信フォト)

 文科省のエリート官僚ともあろうものが、たかだか息子を裏口入学させるために贈収賄を働くとは──世間はただの“セコい悪事”で終わらせようとしているようだ。しかし、この事件で浮き彫りになったのは、文科行政が官僚たちの恣意的な判断によって決められているという構造的問題である。そう言われれば、誰もが「あの学園」を連想するはずだ。ノンフィクション作家の森功氏がレポートする。(文中敬称略)

 * * *
 さる7月4日、文部科学省の前科学技術・学術政策局長、佐野太(58)の逮捕を事前にキャッチしていたマスコミは皆無だったという。文科省の高級官僚をターゲットにした受託収賄は、新聞各社の司法担当記者にも寝耳に水の事件であり、一様に驚きを隠さなかった。

 もっとも司法担当記者たちが驚いた理由は、東京地検の捜査に気付かなかったからだけではない。役人の子弟の裏口入学は特捜事件としては極めて異質であり、違和感を覚えざるを得ないものだったからだ。

 佐野は、出来のよくない一浪の息子を東京医大に入学させてもらうため、大学に便宜を図ったという。実際の試験に加点してもらった裏口入学が賄賂にあたる。一方、賄賂を渡した東京医大は、文科省の「私立大学研究ブランディング事業」なる補助金事業の選定を佐野に頼んだ。年間3500万円の補助金が、裏口入学という賄賂の見返り。そんな珍妙な構図の事件だ。

 国会議員をはじめとした権力者の横暴に立ち塞がる東京地検特捜部が手掛けるには、いかにも見栄えがしない。霞が関の高級官僚を摘発したものの、普通なら警察に任せるような事件に、あえて東京地検が切り込んだのはなぜか。そう首を傾げた向きも少なくないだろう。佐野逮捕の翌日から西日本を襲った豪雨やオウム幹部たちの死刑執行のせいで、報道もずい分控えめになってしまった。

 だが、その実、特捜部にはもっと根深い別の狙いがあるのかもしれない。それは決して深読みに過ぎるわけでもない。事件には官邸と霞が関の暗闘に通じる背景がある。

 地検特捜部が受託収賄の見返りと位置づける私大のブランディング事業は、2016年からスタートした。その第一弾として、全国の私大198校が手を挙げ、うち40校が選ばれた。実に競争率5倍の難関だ。

 そんな栄えある第一号の私立大学の中で、目を引くのが千葉科学大学と岡山理科大学である。どちらも学校法人加計学園の経営する大学だった。

 奇しくも事業選定が始まった2016年6月、前川喜平が文科省の事務次官に就任した。次官になった前川が首相補佐官の和泉洋人をはじめ、官邸サイドから加計学園の進める獣医学部新設計画に賛同するよう、さまざまな圧力をかけられていた時期とピタリと重なるのである。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング