逆輸入モデル浮世みゆ「私はどこにいても『世界の異邦人』」

NEWSポストセブン / 2018年8月23日 16時0分

写真

逆輸入モデルの浮世みゆ(撮影/松田忠雄)

 世界10か国を股にかける美女が、日本のグラビアに初挑戦した。“逆輸入モデル”の浮世みゆが、自身のモデル活動について語る。

 * * *
 私は1年の半分以上を海外で過ごし、おもに欧米の国々でフォトグラファーやアーティストの撮影モデルをしています。欧米ではboudoir(ブドワール=仏語で婦人の私室の意味)と呼ばれるモデルのジャンルで、カメラに媚びず、堂々とヌードやランジェリー姿を撮影するカテゴリーになります。

 ニュアンスは少し違うのですが、日本のグラビア撮影に近いのかもしれません。海外では、脱ぐ/脱がないという境界線はあまり意識されません。代わりにアートかポルノかの違いの方が大きいです。

 もともと日本で芸能活動をしていた時期があるのですが、脱ぐか脱がないかが仕事に大きく影響する日本の慣習に疑問を抱いていました。そんななか、海外留学先で外国のアートに触れ、ヌードもアートであり、そこに境界線や国境はないと気づき、ヌードモデルとして活動しようと決意しました。

 撮影オファーはSNSを通じてや、過去に撮影したフォトグラファーからの紹介など様々です。これまで撮影で訪れた国は、アメリカ、カナダ、フランス、アイルランド、ドイツ、ベルギー、イタリア、イギリス、台湾です。日本も含めると10か国。年中どこかの国を旅しているようなものです。私は、どこにいても「世界の異邦人」として、人や世界を知りたいと思っています。

「浮世みゆ」という名前には、この移りゆく世の中を見据えるという意味を込めました。まだ活動期間は約3年と長くはないですが、名前通りの活動ができているかなと実感しています。

 今回、オファーを受けてから撮影まで短い期間でしたが、とても新鮮な体験でした。撮影ではカメラマンの松田忠雄さんと密に迫りつつもお互いを尊重し合う、生の撮影の空気感がとても心地よかったです。ほかの国では味わえない体験でした。ヌードモデル活動を通して、言語の垣根を超えてさまざまな境界をなくし、「人」に触れ合える瞬間を求めて、私はこれからも旅を続けて行きます。

【プロフィール】うきよ・みゆ/2015年からSNSでモデル活動をスタートさせ、世界各国の写真家からオファーを受けている。1年間の大半を海外で過ごしている。インスタグラム@miyuxx44/ツイッター@mmmmieux44

※週刊ポスト2018年8月31日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング