小泉純一郎氏、とにかく女の話しかできないと先輩が評す

NEWSポストセブン / 2018年9月20日 7時0分

写真

元参議院議員の平野貞夫氏(82)

 元参議院議員(自民党)の村上正邦氏(86)、元参議院議員(民主党など)の平野貞夫氏(82)、元参議院議員(共産党)の筆坂秀世氏(70)によって結成された合計238歳の「老人党」。その座談会から、ちっとも盛り上がらない自民党総裁選ではなく、テレビで大人気の小泉進次郎衆議院議員と、その父について語り合った部分をお届けする。

筆坂:いまや総裁選より小泉進次郎のほうが、ワイドショーでは注目だよ。

村上:私は大して買ってない。お父さんの威光をかざしているけど、そもそもその親父が大した男じゃないんですよ。森(喜朗)が総理になったとき、私は小泉(純一郎)に「お前が清和会の留守を預かるんだから、他の派閥の長に挨拶に行け」と連れて行ったんだよ。だけど、他の長に会わせても、彼は女の話しかできないから、話が続かない。政治の話ができないんだよ。そのくせ、大衆に訴えるのはうまい。進次郎もそれと似ている。

平野:ただね、進次郎さんはまだ30代で、今結論を出すのは早すぎると思う。

村上:それはそうだ。

筆坂:彼は一種のスターで、タレントみたいなもの。あそこまで目立つと悪いことできないですよ。国民から常に監視されているんです。そういう政治家も大事。

村上:だけど、親父のほうは女の話しかしないんだから。あの口から国家論なんて聞いたことがない。新橋の料亭で火鉢をいじくりながらあいつと話したことがあるが、女の話しか出てこなかったよ。

平野:しかし、独特の勘の良さはあったよね。

筆坂:あった。答弁を聞いていると、決して勉強しているとは思えないんだけど、質問を聞いている内に理解して、的確に答弁してた。小泉さんという人は、好き嫌いが分かれるけど、嫌いな人も政治家としては評価していた。だけど、安倍(晋三)さんって、彼を好きな人でもそんなに評価していない。なのに政権としては長続きしているのが不思議。

平野:たいしたことない政治家だからこそ政権が続くのかもしれない。

村上:私は安倍も小泉も評価しないよ。他の議員も「小泉と話したけど、あいつは女の話しかしない」って呆れてたんだから。

筆坂:そればっかり(笑い)。

村上:なんか、怒りを忘れたと言ったけど、だんだん腹が立ってきたよ。

平野:編集部がもう止めたいと言っても続けるよ。これは我々の“終活”なんだから。いっそ老人党はやめて、村上党、いやいや、村上水軍にしよう。

村上:ならば村上衰軍だ! 老いてもまだまだ戦うよ。

※週刊ポスト2018年9月21・28日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング