がん「病院別・5年生存率データ」の役立つ読み解き方

NEWSポストセブン / 2018年9月26日 7時0分

写真

5年生存率で読み解く優れた病院【胃がん】その1

「がん」治療をどうすべきか。日本人の3人に1人ががんで死ぬと言われる時代において、病院選びへの関心は高まる一方だ。そうした中で、「どの病院で治療を受けるかによって生存率に差が出ていた」というデータが発表された。患者と家族が本当に知っておきたい「役立つ読み方」とは──。

 国立がん研究センターは9月12日、全国約50万人のがん患者の「5年生存率」を公表した。

 対象は、国が指定する「がん診療連携拠点病院」251施設で2008~2009年にがんと診断された男女。251施設のうち、個別データの公表に応じた230施設について主要5部位(胃、大腸、肺、心臓、女性乳房)の病期(ステージI~IV)別の「5年生存率」を集計した。新潟大学名誉教授の岡田正彦医師は、今回の調査をこう評価する。

「国が医療の均質化を唱える中、これだけ多くの施設の5年生存率データがステージ別で公表されたことは、治療実績の透明性を高める上で大いに評価できます」

 ただし、公表された調査結果は計1000ページを超え、患者自身が有益な情報を読み解くのは至難の業だ。調査を実施した国立がん研究センター・がん対策情報センター・院内がん登録分析室の奥山絢子氏がいう。

「施設間で患者構成などに差があるため、各施設の生存率が治療成績に直結するわけではなく、単純な施設間の比較には適さない」

 それでは膨大なデータの中から、どの項目に着目すべきか。医療ジャーナリストの村上和巳氏が語る。

「多くの報道が全ステージの患者を対象にした『全体5年生存率』を取り上げていましたが、これでは病院ごとの治療や技術の優劣は見えない。ステージIV(がんが進行し、他の臓器にまで転移している状態)の患者を多く診ている施設ほど低くなり、ステージI(転移していない状態)の患者が多い施設で高くなるのは当然だからです。

 むしろ患者が注目すべき重要な指標は『ステージIの5年生存率』です。ステージIの場合、多くの患者が受けるのは、リンパ節への転移のない局所がんを切るシンプルな外科手術。本来なら病院ごとの差が出にくい。それなのに5年生存率に大きな差が生じている場合、何らかの“病院側の理由”がある可能性がある。また、がんの部位によっては手術後に抗がん剤治療などの化学療法を追加で行ないますが、化学療法の内科医や、薬剤管理に習熟した薬剤師、看護師、栄養士が充実している術後の管理がよい病院では、ステージIの生存率が高くなっていると推測できます」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング