ナイナイ岡村隆史、「タイプど真ん中」美女が自宅お泊まり

NEWSポストセブン / 2018年9月26日 16時0分

写真

大通りに停めた岡村の車に乗り込む美女

 お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(48才)が、美女といっしょに音楽フェスを楽しんだ後、自宅に迎え入れていた──。

 東京・お台場に毎年10万人もの観客を集めるエレクトロニック・ダンス・ミュージックの祭典『ULTRA JAPAN』(以下、ウルトラ)。5年目となる今年も9月15日から3日間にわたって開催されたが、最終日となる17日の夜7時頃、インターネットの生中継が、ある人気お笑い芸人の姿を捉えた。ネット上には、すぐにこんな書き込みが相次いだ。

《岡村さん見つけた!》
《今年もVIP席で踊ってた!》

 岡村はこのイベントの常連で、ノリノリで踊る姿もファンにすれば“いつも通り”のこと。だが、この時の岡村は、いつもとは大きく違っていたのである。その理由は、隣で踊っている美女にあった──。

『ウルトラ』の会場で踊る数時間前。東京・品川駅からほど近い大通りに愛車の四駆を停車させ、ハザードランプを点滅させる岡村の姿があった。待つこと数分、そこに小走りで駆け寄ってきたのは、黒いキャップから巻髪をなびかせる美女。スキニーパンツをはいた足は細くて長く、スタイルのよさが際立っている。

 彼女は周囲を気にするように急いで助手席に乗りこむと、岡村は車を発進させ、自宅へと戻って行った。その後、2人で向かった先が『ウルトラ』の会場だったようだ。いったいこの美女は誰なのか。

「岡村さんの地元・大阪に住んでいる知人女性です。20代でタレント顔負けのルックスですが、芸能活動はしていない一般人。岡村さんは常日頃“芸能人の女性はもうこりごり”と言っていますから。この日は岡村さんの友人男性も一緒に『ウルトラ』に行ったようです。イベント後は、友人男性と別れ、岡村さんと彼女は2人で自宅へと帰ったそうですよ」(岡村の知人)

 岡村はもう二十数年来「彼女がいない」と公言しているが、その原因は極度の女性不信だといわれてきた。

 岡村の“交際関係”が最初に報じられたのは1998年のこと。相手は“魔性の女”と称されていた葉月里緒奈(43才)だった。

「葉月さんが岡村さんのことを気に入って、彼の電話番号まで調べて積極的にアタックしたんです。グイグイ来られたことに逆に岡村さんはビビってしまい、正式な交際には至らなかった。2006年には、熊田曜子さん(36才)とのお泊まりが『フライデー』されましたが、後になって熊田さんが他のお笑い界の大御所たちにもアタックしていたことを聞き、“本気やなかったんか!”と、かなりのショックを受けた。それ以降、女性に対して、警戒心をより強めてしまった」(芸能関係者)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング