木の実ナナ 更年期うつ病でバス見ただけでイラついたことも

NEWSポストセブン / 2012年1月1日 16時0分

子育て、仕事、更年期、老後の不安…。年を重ねるにつれ、女性の悩みは尽きない。女優、歌手として生き生きと活躍する木の実ナナ(65)も、悩みを抱えていたひとりだ。更年期うつ病を告白した木の実が、病を乗り越えたきっかけについて語る。

* * *
私が“更年期うつ病”だと診断されたのは、46才のときです。体調が悪くなったのは、その1、2年前からでした。もともと明るさが取り柄の私でしょ。それ以前なら、他人がしょぼんとしているのを見ると、“どうしたの、元気出して”と声をかけずにいられなかった。自分も含めてみんなが笑顔でいなきゃ嫌だったんです。

そんな私が、嫌なことばかり思い出してしまうようになったんです。小さいころに顔が外国人みたいだからといじめられて、同級生に傘で顔に傷をつけられたこと。忘れたはずの嫌なことが、次々と思い出されて、それが頭から離れない。大好きで集めていたミッキーマウスのぬいぐるみまで、いい大人がなんでこんなもん持っているんだろうかとか、自分を卑下してしまう。自分を嫌になったのなんて、初めてでした。朝、鏡を見て“わあ、ひどい顔だな”とか思ってしまって…。

すべてのことにイライラして、走っているバスを見ただけで“なんであのバス、ここを走っているんだ”とまで思ってしまう。そのうちに動悸がして、のぼせてきて、汗でびっしょりになっているんです。ミュージカルの女王といわれ、仕事は順調だった木の実。苦しみのわけがわからず病院を訪ねると、自律神経失調症と診断された。薬を出してもらったが、薬の服用は食欲も奪った。

好きだったお酒も飲めなくなり、すべてが嫌になりました。突然、自分の人生が灰色の世界になってしまったんです。それでも、仕事の場ではつくり笑いの連続で、ストレスは溜まる一方。トイレに行って、わーっと叫んだり、壁を叩いて発散していました。

仕事で長期滞在していたホテルの部屋で、ボロボロ涙を流しながら、死ぬことばかり考えていたこともありました。大好きな母の存在さえ重荷に感じるようになりました。

そんなとき、たまたまファンの中に心療内科の医師がいて、木の実の様子の変化に気づいてくれたのだという。

わらをもすがる気持ちで相談したら、すぐに彼と、同じく医師である彼のお母様が滞在先のホテルまで来てくれて、私が泣きながら話すのを聞いてくださったんです。“ナナちゃん、それ更年期やわ、うつや。でも、何にも心配あらへんで。いいお薬調合してあげる。それのんだら、またいいナナちゃんに戻れるから”って。それですごく楽になって、ひと山乗り越えられたなあと思いました。

※女性セブン2012年1月5・12日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング