巨人低迷、高橋監督を支えられなかったフロントの責任

NEWSポストセブン / 2018年10月6日 16時0分

写真

高橋由伸監督の辞任申し出は、なぜあっさり受け入れられたのか

 10月3日、巨人・高橋由伸監督の辞任が発表された。就任3年で一度も優勝争いに加われなかった責任を取って、自ら身を引くことを決断。山口寿一オーナーは、球団内のポストを用意する意志を明らかにした。しかし、過去に長嶋茂雄氏(巨人)や有藤通世氏(ロッテ)らが辛酸を舐めたように、成功するのは困難と予想された『現役引退即監督就任』を促した読売グループに、高橋監督はこのまま残るだろうか。野球担当記者が話す。

「高橋監督が自ら申し出ての辞任ではありますが、球団は強く慰留したわけでもない。山口オーナーは9月12日に来季続投の意向を示していた割に、あっさりと受け入れた。もし同一監督で2年連続Bクラスになれば、巨人史上初。オーナー声明の時点で、Bクラスの可能性が十分残っていただけに、『解任したわけではない』という予防線を張っていたと見られています」

 高橋監督の采配が冴えたとは言い難いが、フロントがお膳立てをできなかったことは明白だろう。

「ゲレーロ、野上亮磨という選手補強がクローズアップされますが、それ以上にBクラスに転落した昨年オフにコーチ陣の入れ替えがほとんどなかったことは、もっと疑問視されるべき。高橋監督は兼任コーチの経験しかなかったにもかかわらず、引退後即監督就任となったわけですから、良い参謀役をつけるべきでした」

 優勝を義務づけられた巨人では、Bクラスに転落した翌年に大幅なコーチ陣の入れ替えがあった。長嶋茂雄監督で初の最下位に転落した1975年オフには、中日と阪神で監督を歴任した杉下茂氏を投手コーチに迎え入れ、1976年に優勝。初の2年連続Bクラスに終わった2006年オフには、西武の黄金時代を三塁コーチャーとして支え、監督としても優勝に導いた伊原春樹氏を野手総合コーチとして招聘し、2007年に原辰徳監督が胴上げされた。

 5位になった1979年オフには、阪神と阪急でコーチとしてチームを優勝に導いた経験のある青田昇氏をヘッドコーチに招いた。秋には『地獄の伊東キャンプ』を行ない、江川卓、西本聖、松本匡史、篠塚利夫、中畑清らが成長。来季の飛躍が期待された。しかし、青田氏は舌禍事件で辞任に追い込まれ、1980年は3位に終わって長嶋監督が解任された。

 前年4位とBクラスだったにもかかわらず、コーチの入れ替えがほとんどなかった1998年は3位止まりだった。

「歴史から学ぶことがいかに大事か。過去の結果を振り返れば、コーチ陣に劇薬を与えない限り、今季の低迷は予想通り。なぜ、吉村禎章氏を打撃総合コーチに招く以外、1軍と2軍のコーチを入れ替えるだけでほぼ無風状態にしたのか。フロントの責任が問われてしかるべきです」

 高橋監督の辞任だけで済む問題ではないかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング