原「巨人終身名誉監督」へ 反対派粛清開始で松井監督の芽も

NEWSポストセブン / 2018年10月15日 16時0分

写真

全権監督の胸中は?(写真:時事通信フォト)

 高橋由伸・監督の3年間、常にエースであり続けた菅野智之は今季最多勝を決めた登板後、「今日は監督のために投げようと思っていた」と語り、退任する指揮官に餞の完封勝利を贈った。

 だが、CSでの最後の戦いを残す中でも、チーム内の話題は来季に向けた人事情報一色に染まっている。エースの熱い言葉さえも“明日からは新しい監督のために投げる”と、悪意混じりの翻訳をする球団関係者もいる。すでに巨人軍では、菅野の伯父である原辰徳・次期監督のカラーに塗り替えるために、周到に準備された「原シフト」が進んでいる。

◆“監督不在中”のコーチ人事

「要請を受け、(監督就任を)前向きに考えるということは申し上げた」

 10月10日、巨人軍の球団事務所から現われた原氏は、取り囲んだ報道陣にそう語り、後は何を訊かれても神妙な表情を崩すことなく、「正式に決まった時に」と繰り返して迎えの車に乗り込んだ。だが、原氏に先がけて取材に対応した山口寿一・オーナーはこう明言していた。

「巨人を建て直してもらうことで了解を得た」

 笑顔こそなかったが、「大問題を解決したようで、満足気に見えた」(記者)という。

 その前日(9日)、本誌は巨人から去ることになった“監督”に直撃していた。

 辞任が決まった高橋監督ではない。今季、二軍監督を務めた川相昌弘氏だ(2016、2017年は三軍監督)。川相氏はファームの日本選手権の翌日(7日)に行なわれた球団との面談で「解任」を告げられたと明かす。

「率直に言えば、来季も続けたかった。18歳(でプロ入りして)からずっとユニフォームを着続けてきたので、戸惑っています。プロの世界ですから、球団に“来季は契約を結ばない”と言われれば仕方ない。自分では結果を出したという自負はあったのですが……」

 明暗分かれた「指揮官」の立場と表情は、これから吹き荒れる巨人の激烈人事を象徴しているように映る。

 高橋監督が球団に辞意を伝えた3日以降、原氏の監督就任が“決定”するまでの間に、巨人の来季人事構想は目まぐるしく動いた。

 まず、高橋監督の辞任とセットで発表されたのが鹿取義隆・GMの退任だった。「監督ひとりの責任ではない。フロントとチームが一体となって立て直せる体制を作らなければならない。GMを含めてですね」(山口オーナー)という言葉からも、事実上の引責更迭と受け止めるのが自然だろう。

 川相氏とともに二軍打撃コーチとしてイースタン4連覇に導いた田代富雄氏も“クビ”に。その指導力は球界から高く評価されており、すでに古巣・横浜DeNA(元大洋)のコーチ就任が有力と報じられている。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング