『牡丹と薔薇』の大河内と小沢 撮影時は外界に触れなかった

NEWSポストセブン / 2012年1月10日 7時0分

2004年に東海テレビ・フジテレビ系で放送された“昼ドラ”『牡丹と薔薇』。大河内奈々子さん演じる姉・ぼたんと小沢真珠さん演じる妹・香世の愛憎劇で、香世がぼたんをいびる壮絶なシーンが評判を呼び、「ボタバラ」の愛称で人気を集めた。その「ボタバラ」がパチンコ機種として帰ってきた。そこで、当時の撮影秘話を大河内さんと小沢さんにきいた。

小沢:「放送が終わって7年経っても、こんなに心の奥深くまでずっと役が残っているっていう作品はないです。私自身、この作品は代表作だと思っています」

大河内:「私もそう思っています。もう一度『牡丹と薔薇』が話題になるのはすごくうれしいですね。当時は、約3か月間、毎日撮影があり、台本を渡されたらとんでもないいびりシーンの連続でした(笑)。長いセリフを覚えないといけないので、プライベートな話をしている余裕がなかったんですよ」

小沢:「撮影中、セットの脇でいつもセリフ合わせをしていたんですよ。小声でやってたら、仲が悪いんじゃないかって噂されたりして(笑)」

大河内:「ドラマ自体が話題になっているのも知らなかったですし。自分たちは朝6時に現場に入って、終わるのが夜の24時だったので、外の世界に触れない生活を続けていましたから。暴力的なシーンが多かった中、雪原を香世と2人で手をつないで歩いた穏やかなシーンは忘れられません」

小沢:「私が特に印象に残っているシーンは、財布ステーキを出すシーン。台本を渡された時、みんなが『うわー』って言いましたから(笑)」

※女性セブン2012年1月19・26日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング