ネットスーパー 余計な情報が目に入らず買いすぎ抑制効果も

NEWSポストセブン / 2012年1月16日 16時1分

野田政権は消費税を2014年4月に8%、15年10月に10%へと引き上げる増税方針を決めた。厚生労働省は年金の支給開始年齢を70歳に引き上げる年金カットを画策する。しかし、ただ泣き寝入りする必要はない。アホな政治がデフレ不況を加速させ、企業の生き残り競争を激化させたおかげで、安く、豊かな生活を送る道も拓けているのだ。

* * *
日用品なら、イトーヨーカドーやイオンなど大手も参入しているネットスーパーを賢く使いこなす。

節約アドバイザーの丸山晴美氏(ファイナンシャルプランナー)がいう。

「ネットだから安いということはありませんが、余計な情報が視覚に入りにくいので買いすぎも抑えられるし、冷蔵庫やストック棚を見ながら注文できるのでダブリ買いが防げて節約につながります。

まずは自分が住むエリアで利用できるスーパーを探すのが手ですが、私がよく利用しているイトーヨーカドーの場合、8が付く日は送料が80円で済むうえに、セブンカードやアイワイカードで支払うと5%引きになります。ただし、この日は人気が高く、配送枠が早めに埋まるので、注文をする際にコツがあります。この特典は前日の7が付く日の17時から適用されるため、まず特売品と配送枠を押さえることをお勧めします」

これなら時間を気にすることなく、効率的に買い物できる。何より楽である。

※週刊ポスト2012年1月27日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング