1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際

【キャラビズム】“後期高齢犬”用のケアセンターが増えている

NEWSポストセブン / 2012年2月4日 16時0分

アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの84歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』などの著書がある。日本在住 40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向 けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム」。さて、あなたはどう受け止めるか? 今回は、「社会」編である。

* * *

●Comme celle des hommes,la vie des animaux se prolonge,les centres de retraite pour les vieux chiens se multiplient,ah ah,les gens de cette époque….

人間同様にペットの寿命が延びているので、“後期高齢犬”用のケアセンターが増えているそうです。ああ、今時の人……

●L’essence augmente et tout augmente,l’essence baisse mais rien ne change…

ガソリン価格が上がると全て上がる、ガソリン価格が下がると 全て据え置き…。

●Si la TV continue a  être aussi stupide le temps viendra ou on aura envie de lire les magasines!

このまま馬鹿馬鹿しいTVが続くようなら、雑誌を読みたくなる時代が戻るでしょう!




【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング