紀子さまの発言から読み解く「小室圭さんの誠実度合い」

NEWSポストセブン / 2018年12月6日 7時0分

写真

11月22日に紀子さまを伴って誕生日会見に臨まれた秋篠宮さま(撮影/JMPA)

 秋篠宮さまは11月30日の53才の誕生日に先立ち、22日の「いい夫婦の日」に、紀子さま(52才)を伴って誕生日会見に臨まれた。

「秋篠宮さまは、かなりおやせになられたように見受けられました」と話すのは、あるベテラン皇室記者だ。来春の御代がわり後に「皇嗣」となられるプレッシャーか、娘の結婚問題に関するストレスか、原因はわからない。しかし、健康を気にされて度々、健康診断や検査に通われているという。

 秋篠宮さまは、長女の眞子さま(27才)と婚約内定者の小室圭さん(27才)の結婚問題について、こう発言された。

《今でもその二人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、やはりそれ相応の対応をするべきだと思います》

 昨年12月、小室さんと母・佳代さんに金銭トラブルが発覚して以来、秋篠宮さまは小室さんと佳代さんに対し、“小室家側に非がないのであれば、それを公の場で説明してほしい”と、繰り返し求めてこられたという。

 しかし、小室家のスタンスは、「お金はもらったものであり、金銭トラブルはそもそも存在しない。問題はない」というものだった。さらに、秋篠宮さまは、次のように続けた。

《やはり多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません》

 一方、紀子さまは次のように明かした。

《昨年の暮れから、だんだん寒くなっていく中で、長女の体調が優れないことが多くなりました。そうした状況が長く続き、長女は大丈夫だろうか、どのような思いで過ごしているだろうかと、私は、大変心配でした》

 そのご発言が意味するところを、宮内庁関係者が明かす。

「秋篠宮ご夫妻は、“眞子さまは小室家のトラブルについては何もご存じなかった”というスタンスを明らかにされたのです。眞子さまは報道によって、小室さんの“別の顔”を知ることになり、大変なショックを受けられて、体調を崩されたのだと、紀子さまはお伝えされたかったようです。

 実際、眞子さまは昨冬、咳が止まらずに熱を出されることがしばしばあり、宮内庁病院に何度も通われたそうです。さらに言えば、ご夫妻は、“眞子さまは、疑念や体調悪化を隠して、無理をして以前と同じように小室さんに優しく接している”とお考えなのです」

 つまりは、紀子さまは暗に、“小室さんは何事も包み隠さず、正直に眞子さまに接してきたわけではなかった”と示唆されたのだという。

「もちろん、そこには“眞子さまが知らなかったのだから、ご夫妻が知る余地はまったくなかった”というニュアンスも含まれているわけです」(皇室記者)

 秋篠宮さまからすれば、秋篠宮家としての説明責任を果たされたのだから、次は小室家が説明を尽くす番だ──。今回の会見は、納得いく説明の「公開要求」という一面もあったのかもしれない。

 他の話題との歯切れを比べても、眞子さまの結婚問題については、苦渋がにじんだ秋篠宮ご夫妻。しかし、皇室関係者はこう話す。

「たしかに、小室さんは皇族の婚約内定者という立場ではあります。しかし、一般家庭の小室家に対して、そこまで厳しいことを明言するのかと驚きました」

※女性セブン2018年12月20日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング