雅子さま、美智子さまとの会談10分延長で見せたご快復

NEWSポストセブン / 2018年12月17日 7時0分

写真

美智子さまとの関係は良好のご様子(撮影/JMPA)

《特に地方訪問などの折に、訪問先や沿道で本当に多くの方から笑顔で迎えていただきましたが、皆様からかけていただいた声を身近に感じることも多く、そうした国民の皆様のお気持ちは、私にとりまして大きな支えになっております》

 皇太子妃雅子さま(55才)は誕生日に際しての文書を、必ずご自身の言葉で率直に綴られてきた。2003年12月、突然体調を崩されて入院され、適応障害に苦しまれている最中も一緒だった。あれからちょうど15年、雅子さまの快復ぶりは目を見張るものがある。

 12月9日、55才の誕生日。天皇皇后両陛下へのご挨拶のために午前中に皇居・半蔵門を通過された際、寒風の中だったが、雅子さまを一目見ようと沿道に集まった人は100人以上。声援を受けた雅子さまはうれしそうに手を振りながら皇居の中へと入っていった。

 皇居を後にされたのは約40分後。当初の予定よりおよそ10分の遅れだったという。実は、皇居からの帰りが遅れるのは異例のことだ。

「たった10分と思われるかもしれませんが、非常に珍しいことです。雅子さまが皇居に出入りされるとき、沿道には多くの警官が待機しています。雅子さまはむやみに時間が遅れ、迷惑がかかることを大変心苦しく思われるかたです。また、分刻みのスケジュールで動かれる両陛下にも厳しい時間的制約があります。

 それでも帰りが遅れたのは、それだけ雅子さまと皇后さまとの会話が弾まれたと考えられます。お2人の間には、非常に良好な関係がうかがえます」(宮内庁関係者)

 その日の午後は、皇太子さまが参加される「学習院OB管弦楽団定期演奏会」の会場に足を運ばれた。雅子さまは2階席中央から、愛子さまはお友達と一緒に1階席で、ご鑑賞された。

「雅子さまが鑑賞会にいらっしゃったのは、皇居での両陛下へのご挨拶と、東宮御所に両陛下をお招きして行う食事会の間にあたるタイミングでした。以前は両陛下をお招きするとき、雅子さまは大変緊張されていましたが、最近はその極度の緊張は見られなくなりました。今では、お忙しい合間を縫って鑑賞に向かえるほどに快復されたということでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 演奏会ではアンコールで、「ハッピーバースデートゥーユー」が演奏されるサプライズがあった。もちろん、雅子さまに向けての粋な演出だ。雅子さまは笑顔で会釈され、会場は大きな拍手に包まれた。

 ご快復ぶりは、美智子さま(84才)の支えなしには語れない。誕生日の文書にも、雅子さまはこう綴られている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング