“タニタレシピ”とレコーディング法でブロガーが9kg減量

NEWSポストセブン / 2012年2月1日 16時0分

正月気分はすっかり抜けてきたけど、緩んだボディーラインは大丈夫? 気になる人は“ダイエット弁当”でおいしくシェイプアップ! ここでは、ダイエットブロガーのお三方が食べているお弁当を教えてもらいました。弁当箱の大きさ、ごはんの量など、やっぱり工夫がありました!

“箱入りごはん”さんは、小さい弁当箱コレクションでやる気をアップさせているようです。「お弁当は450kcal、ごはん100g。娘の分も作るので友達の目を意識して、おかずの多色使いがモットーです。ダイエット開始時に400mlの小さい弁当箱にしてから、いろいろな弁当箱を買うのが楽しみ。モチベーションUPしますよ」とのことで、野菜中心の弁当を作っています。

“ひーくん”さんは、ご飯の量を減量させ、ダイエットに取り組んでいるようです。「検診で脂肪肝!で一念発起。ごはんを徐々に減らし現在120gで満足。共働きで、夕飯当番のときに弁当用おかずを作って冷凍。野菜たっぷりは理想だけど手間がかかるので野菜ジュースを必ず。薄味にすると早食い防止になります」ようです。メモメモ。

“タルトママ”さんは、かわいい魚型のお弁当箱を使っていますが、健康計測機器メーカー・タニタのレシピを参考にしているとか。

「野菜2に対して肉や魚とごはんは1、話題の“タニタレシピ”で作る夕飯の残りおかずがメイン。食べ盛りの息子にはお肉とごはんを増量します。ブログにコツコツレコーディングし、ダイエット開始4か月現在で9kg減達成!」と成果があったようです。

※女性セブン2012年2月9日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング