カーリング娘「もぐもぐタイム」のお菓子は今も特需継続中

NEWSポストセブン / 2019年1月1日 16時0分

写真

ブームを作ったカーリング娘(写真は藤澤五月。新華社=共同)

 平昌五輪で銅メダルに輝いたカーリング女子。2018年の流行語大賞にもなった「そだねー」の相づちとともに、藤澤五月(27)、吉田知那美(27)らロコ・ソラーレの選手たちが試合中の“もぐもぐタイム”で食べていたお菓子も話題となった。北海道北見市の菓子店「清月」が製造・販売するチーズケーキ「赤いサイロ」である。

 五輪期間中に話題になると、北見市の本店には問い合わせの電話が殺到。「購入希望者が開店前から長蛇の列を作り、店頭に商品を並べてもすぐに売り切れになる」(地元紙記者)という“特需”が訪れていた。

 五輪閉幕から10か月が過ぎ、現在はどうなっているのか。「清月」の渡辺主人・社長に聞いた。

「今でも開店前に30人ほどのお客様が並んでくださる日があります。その時間帯の北見市は気温がマイナス15度ですからね……。申し訳ないと思いながら販売させていただいていますし、感謝の気持ちでいっぱいです」

 五輪期間中は、インターネット通販でも注文件数が通常の10倍以上となり、増産しても追いつかない状態になっていた。渡辺社長が続ける。

「生産量は公表していませんが、五輪前に比べて倍以上の生産をしています。ただ、まだ(需要に)追いつかない。さすがにこれ以上の増産は無理です。店内でも早い時間から売り切れになり、買いに来ていただいた方に申し訳ないと思っています。長年のお客様に“手に入りにくい”と言われるのもつらいですね。

 ただ、これまで注目されることなどなかった北見市の名が全国的に知れ渡るようになったことは本当に嬉しいです。本当に、(カーリングチームの)彼女たちの影響力には脱帽です。うちはそのご相伴にあずかったかたちですが、お客様には有難さと申し訳なさが半分半分ですね」

 渡辺社長はとにかく、恐縮しきりの様子だった。本店には、2017年12月にスキップの藤澤がやってきた際、「いつもおいしい赤いサイロ頂いてます」と書いたサインが飾ってあり、それを一目見ようと訪れるファンも多いという。“そだねー特需”はまだまだ続いている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング