疲労回復に自家製いちご酢のはちみつ入り牛乳割りミント添え

NEWSポストセブン / 2012年1月28日 16時0分

写真

自家製いちご酢はちみつ入り牛乳割り

 女性セブン本誌で好評連載していたマンガ『澤飯家のごはんは息子の光がつくっている。』のレシピや、毎日の料理をよりおいしくするヒントを紹介します。

 * * *
 朝に弱い母のためにと、光の友人・壱吾は光から教えてもらって特製ドリンクを作成。いちごのビタミンCが肝臓にかかる負担をやわらげ、酢のクエン酸とはちみつで疲労回復。牛乳のカルシウムも加わって、美容にもいい一杯に。アイスはもちろん、ホットもおすすめです。

 フルーツ酢を作る場合、大切なのは、フルーツをよく洗ったらしっかりと水気を切ること。水分が残っていると、傷みの原因に。基本の割合は、フルーツ1に対して、酢2、氷砂糖2。酢の種類と砂糖の量は好みで調整。1週間ほど漬けたら完成。長期保存する場合、中のフルーツは取り出しておくこと。

【1】氷砂糖の上にいちごを置き、酢を注ぐ
 いちごは洗ってヘタをとり、キッチンペーパーでしっかり水気を拭く。熱湯消毒した密閉容器に氷砂糖、いちごの順に入れ、好みの酢を注ぎ入れる。分量の目安は、いちご1パックに氷砂糖500g、酢500ml。

【2】密閉して冷暗所に1週間おく
 フタをして直射日光のあたらない冷暗所に置き、フタをしたまま1日1回軽く振り混ぜる。約1週間でできあがり。冷蔵保存し、水などで5倍に薄めて飲む。お好みの分量ではちみつや牛乳で割るのも美味。



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング