亜熱帯の国・台湾から冬季五輪に出たスキー選手を描いた書

NEWSポストセブン / 2012年2月2日 7時1分

【書評】『北緯43度の雪 もうひとつの中国とオリンピック』(河野啓/小学館/1680円)

* * *
1972年の札幌。アジア初の冬季五輪に、亜熱帯の国・台湾から8人のスキー選手が送り込まれた。彼らは台湾の役員にいわれ続けた。

〈どう考えてもお前たちに勝ち目はない。国は、勝利を求めてはいない。お前たちの使命は、完走して記録を残すこと。転ぶな!〉――。

「二つの中国」の争いに巻き込まれた当時の彼らの“活躍”とその後を丹念に追いながら、切っても切れない政治とスポーツの関係の現実を描いたノンフィクション。

※週刊ポスト2012年2月10日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング