ノートより薄く軽く高性能「ウルトラブック」選ぶ時の注意点

NEWSポストセブン / 2012年1月31日 7時0分

写真

日本HPの”本命”ウルトラブック

各社春モデルが量販店の店頭にも並び始めているが、2012年の春は「ウルトラブック」合戦の様相を呈しているらしい。ウルトラブックとは、昨年5月に台湾で開催された“IT見本市”「COMPUTEX TAIPEI 2011」で発表された「インテルのCore iシリーズを搭載し、本体の厚さは2cm以下、販売価格は1000ドル以下程度」という基本コンセプトに基づくもの。

つまりウルトラブックとは、「薄い」、「軽い」、「高性能」、「低価格」を実現したモバイルノートパソコンのことだ。1月31日時点で東芝、Lenovoがそれぞれ1種類、日本Acer、ASUSが2種類発表しているほか、2月には日本HPも発売することを発表。今後国内家電メーカーも相次いで参入するという報道もある。

ノートパソコンと、結局何がどう違うのか?

ウルトラブックが何故薄くなっているか、という点では、大きくは「DVDドライブを無くした」点。これまでのノートパソコンというのは、基本的にDVDドライブを搭載(カスタマイズモデルを除く)。「ノートパソコンをメインマシンにするユーザーも多かった」ためだ。この「ウルトラブック」は、基本的に「2台目」を想定しているため、とにかく軽く、薄くということを念頭に開発すると、持ち歩くときにはDVDドライブは取っちゃえ!ということになるようだ。結果、13.3ワイド型で最軽量なのは東芝の「dynabook R631」で1.12キロ。

さらに、ほぼすべての機種がSSD搭載。SSDというのは「起動が早いが容量は少ない」ハードディスクである。すぐに立ち上げたい!というニーズに向けたものだが、SSDはHDDに比べて容量が少ないため、こまめに外付けHDDに記憶させる必要がありそう。SSDのもう一つの難点は高価なところで、筆者が数年前にSSD搭載のノートパソコンを購入したときには数十万円もしたものだが、これらのウルトラブックはSSD搭載ながらも10万円前後~15万円とかなり安くなったといえる。ちなみに日本AcerだけがウルトラブックでもHDD搭載モデルを発表しており、その分SSD搭載モデルよりも安い(5万円~8万円、1月30日現在)。

容量の少なさなど、薄さ・軽さを求める一方で犠牲になったものに注意しなくてはならないといえるが、注意点はほかにもある。拡張性だ。ポート類が少ないものが多く、東芝で3つ、エイサー、ASUS、Lenovo、日本HPはすべて2つ。なお、外部記憶媒体にデータを記憶させる際有効なのがデータ転送の早いUSB3.0だが、東芝、ASUS、Lenovo、日本HPはUSB3.0を搭載しているものの、日本Acerは2種類ともUSB2.0ポートのみ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング