『バチェラー』、男性を奪い合う女性の姿に見る人気の秘密は?

NEWSポストセブン / 2019年1月23日 7時0分

写真

シーズン3に突入する『バチェラー・ジャパン』(公式HPより)

 1人の男性を女性たちで奪い合うAmazon Prime Video制作の婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』。シーズン3に突入する婚活サバイバル番組の人気の秘密にコラムニストのペリー荻野さんが迫る。

 * * *
 2017年にシーズン1が放送されて以来、熱狂的なファンを増やし続けている『バチェラー・ジャパン』。先日、3代目の“主役”バチェラーが31歳の会社オーナー・友永真也さんに決まり、注目が集まっている。

 番組の内容は、結婚をのぞむ1人の独身男性(バチェラー)と彼の愛を獲得したいと願う女性たちが、真剣に婚活体験を繰り広げるというもの。いわゆる「恋愛リアリティー番組」だが、ポイントは、「日本一ゴージャスで日本一過酷な婚活」というキャッチフレーズ通り、婚活の環境がとても豪華かつしんどいこと。

 中心人物のバチェラーは二枚目で独身、社会的な成功をしている「すべてを兼ね備えた」男性。彼を囲む女性たちは、全員華麗なドレスに身を包み、艶やかにほほ笑む美女ばかり。彼らは約2か月間、共同生活をしつつ、富士山麓で乗馬やバーベキューなどを楽しんだり、水族館を貸し切ったり、南の海で戯れたり、クルージング、気球、ヘリまで飛ばす勢いでデートを重ねる。だが、その過程の「ローズセレモニー」でバチェラーからバラを受け取れなかった女性たちは脱落。最後に残った1人だけがプロポーズを受けられる…。
 
 番組をまったく見たことがない人でも、1人の男性を20人(シーズン1は25人)の女性が奪い合う凄まじさは想像できると思う。時代劇好きの私はつい「大奥」を思い浮かべてしまったが、ねっとりしたボディタッチやキスをせがんだりする色仕掛けあり、猫かぶりあり、「むかつく!!」「荷物燃えてるかも」といった嫉妬丸出し発言ありで、ドラマじゃできないリアルな欲望とジェラシーが渦を巻き、びっくりであった。

 この番組が人気なのは、「欲しいものは欲しい」と断言する女性たちが人間味たっぷりで、目が離せなくなるからだ。とにかく24時間婚活一直線。きれいな顔も嫌な顔も映される。ずっとカメラで追われるストレスだけでも、ただごとではない。視聴者からいろいろ言われることも覚悟の上。その状況で人気者となったカリスマギャルモデルのゆきぽよなどは、タフで堂々としていて清々しいくらいである。

 女性たちが回を重ねるごとにきれいになった気がするのは、ライバルたちの中で自分に必死に磨きをかけるからだろう。その強さも視聴率や批評に左右されることの多いテレビドラマにはないもの。なお、公式HPによれば、バチェラーと親交を深めるパーティーでのドレスは番組で用意されるが、普段のデートの服装は自前。水着の露出度も自己判断。センスと度胸も問われるわけですね…。

 番組が奥深いのは、いよいよ煮詰まってくると両家の肉親との対面も用意されていること。ここまでされては結婚せねば。だが、今のところ、過去のカップルが結婚に至ったという話は出ていない様子。三度目の正直となるシーズン3では、結婚報告も欲しいところだ。できれば「結婚3年以内なら出演OK」という『新婚さんいらっしゃい!』に初の「バチェラーカップル」として出演する夫婦になって、文枝師匠を椅子から転げさせてもらいたい。双方の番組にとって、いい企画でしょ?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング