小室圭さんが文書発表、母の元婚約者の困惑と眞子さまの落胆

NEWSポストセブン / 2019年1月24日 7時0分

写真

沈黙を守っていた小室母子についに動きが(共同通信社)

「これでは火に油を注いだようなものでしょう。ご一家内の状況、特に眞子さまと秋篠宮ご夫妻の関係が心配です」

 こう肩を落とすのは秋篠宮家に近い、ある宮内庁関係者。秋篠宮家の長女・眞子さまの婚約内定者、小室圭さんが1月22日、弁護士を通じて文書を発表した。

《多くの報道において借金トラブルが残っているとされていますが、このような経緯ですから母も私も元婚約者の方からの支援については解決済みの事柄であると理解してまいりました。そのため、平成29年12月から元婚約者の方のコメントだとされるものが連日報道される事態となり、私も母もたいへん困惑いたしました》

 小室さんは2017年9月の婚約内定会見以来の長い沈黙を、突然、そうした主張で破った。

 文書発表直後、本誌・女性セブンの取材に対し、元婚約者のAさんは「反論」を語った。前出の宮内庁関係者も「小室さんの文書はあまりに一方的で、“大人の対応”とは思えない」と落胆する。文書公表の衝撃は、あまりにも大きい。

 2017年12月、週刊誌報道で小室さんと母・佳代さんに関する借金問題が発覚した。

「小室さんの父・敏勝さんは、小室さんがまだ小学生だった2002年に自死しました。その後、佳代さんは2007年頃に出会ったAさんと2010年秋に婚約しました。Aさんはもともと小室さんの知り合いで、小室さんに母親を紹介される形で交際に発展。佳代さんから“母子家庭だと圭の就職に不利だから”“圭のために父親になってほしい”と頼まれ、婚約したそうです」(皇室記者)

 婚約期間は約2年。その間、

《申し訳ありませんが当分の生活費をお借りしても良いでしょうか》
《とりあえず10万円程お願いします》

 などと、佳代さんからAさんにメールなどでお金の無心が続き、Aさんは約400万円を援助したという。

「Aさんは“財布”のような扱いに嫌気がさし、2012年秋に婚約を解消。その後、Aさんが金銭の返済を求めたが、今に至るまで返済はありません。金銭トラブルは当初、“母親の問題であって小室さん本人の資質とは無関係”という世間の認識もありました。しかしその後、Aさんのお金が国際基督教大学(ICU)への入学金や授業料、留学費用やアナウンススクールの授業料などに充てられていたことがわかり、また、小室さんがAさんに“贈与だと認識している”と主張したと報じられ、借金問題が『小室さん本人のこと』になったんです」(前出・皇室記者)

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング