前澤社長が援助した3才児の両親「不公平という声もわかる」

NEWSポストセブン / 2019年1月24日 16時0分

写真

前澤氏に命を救われたおうちゃん

「今でも救う会をやってよかったのか、正直わかりません。子供の顔も実名もネットに出して、将来この子が傷つくかもしれない。でもただただ、旺典を諦めたくなかった。応援してくださったかたがたには感謝しかありません…」

 そう声を詰まらせるのは、上原歩さん(38才)。“おうちゃん”こと旺典(おうすけ)くん(3才)の母親だ。

 おうちゃんはうまく血液を循環させられない「拡張型心筋症」だ。助かるには心臓移植をするしかないが、国内での移植は困難なため、歩さんと夫の良太さん(38才)は昨年8月に「おうちゃんを救う会」を立ち上げた。アメリカでの心臓移植にかかる費用の寄付を募っていたが、目標額の3億5000万円までは2億円近く足りていなかった。

 事態が急転したのは1月13日。『サンデー・ジャポン』(TBS系)でおうちゃんの密着ドキュメントが放送されるとZOZOの前澤友作社長(43才)が反応。個人での寄付に加え、Twitterでリツイート1件につき10円をおうちゃんに寄付すると表明し、わずか7日間で51万件を超えるリツイートを記録した。1月19日、「救う会」は募金の目標額に目途がついたと発表。驚異的なスピードでの目標達成となった。

耳目を集める前澤氏の“拡散力”の賜物といえるが、彼の行動には「特定の誰かを助けるのはよくない」「不公平」などの意見も上がった。前澤氏は「目の前でおばあちゃんが倒れたら反射的に助ける(中略)目の前にできることがあるなら、行動する。それだけ」と自らの姿勢を貫いた。

 良太さんは複雑な胸の内を明かす。

「ぼくたちも、過去に他の移植を待つ子供に著名人が見舞いに来たり、支援をしたというニュースを見て、正直“うちにも来てほしい”と思いました。不公平だという気持ちは痛いほどわかります。でも、ただただ旺典を助けたい。前澤さんの行動に対していろんなご意見があったことは承知していますが、おかげで多くのかたが旺典を知ってくださったこともあり、目標額を集めることができた。本当に感謝しきれません…」

 おうちゃんは2015年7月23日生まれ。生後9か月から咳が止まらなくなり、近くのクリニックを受診すると、風邪と診断された。2016年5月、おうちゃんが青白い顔で嘔吐。総合病院を受診すると、レントゲン写真を見た医師は夫婦にこう告げた。

「心臓移植ができる病院に搬送します」

◆“世界”はその2mにのみ制限された

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング