菊池桃子 離婚のウラに元夫・西川の周りにちらつく「女の影」

NEWSポストセブン / 2012年2月7日 7時0分

女優の菊池桃子(43)とプロゴルファーの西川哲(43)の正式離婚が遅れたのは、芸能関係者によるとCM契約があったためだという。とはいえ、結婚直後から、西川のゴルフの成績は低迷し、家計は菊池頼りだった。さらに、西川の周りにちらつく「女の影」が菊池を悩ませていた。

* * *
あるゴルフジャーナリストが明かす。

「結婚して2~3年後ぐらいからでしょうか、ツアー会場のゴルフ場にもマネージャーと称する若い女性を同伴するようになった。取材にも連れてくるなど堂々としたものでしたよ。その女性は、ゴルフ関係者の間では西川の愛人だといわれていました」

さらに昨年のある出来事が離婚の決定打となったという話もある。

「西川には、菊池と結婚する前から親しかった女性がいて、結婚後も交流があったようです。ところが、その女性が昨年、突然、病気で亡くなったのです。それをきっかけに、菊池がある事実を知ることになった。それは彼女が到底許せるものではなかったらしい」(芸能関係者)

昨年、菊池は母校の戸板女子短大で「女性のキャリア・ラダー(階段)」というテーマで講演を行なっている。シングル・マザーとなった元アイドルはどんな一歩を踏み出すのか。

※週刊ポスト2012年2月17日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング