新井賞受賞の『ダルちゃん』 作者と賞創設者が対談

NEWSポストセブン / 2019年2月8日 11時0分

写真

新井賞受賞の『ダルちゃん』作者が語る

『ダルちゃん』をご存じだろうか。資生堂のウェブサイト「ウェブ花椿」で、2017年から約1年にわたり連載された、漫画家・はるな檸檬さんのコミック作品(全2巻)だ。

 はるなさんは、『東京タラレバ娘』などで知られる漫画家・東村アキコさんに師事し、これまで主にコミックエッセイを描いてきた。宝塚歌劇団の熱狂的ファンの姿をコミカルに描いた作品や、妊娠・出産・子育ての不安や体調の変化を、一児の母としてリアルに描いた作品などが知られる。しかし今回初めてギャグを封印し、ストーリー漫画に挑戦。その作品が話題を呼んでいる。

 主人公のダルちゃんこと、派遣社員の丸山成美(24才)は、本当の自分を押し殺し、周囲と足並みを揃えて“普通”に生きている。日々感じる生きづらさに耐えつつ、幸せとは何かを模索し、詩を創作することで希望を見出していく…、という物語だ。

 20代女性に向けて描かれたこの作品は、多くの人の共感を呼び、ウェブでの連載中には、14の出版社が単行本化をオファー。ウェブでの連載を終えた2か月後の2018年12月に、異例の速さで単行本が発売された。そして今年1月、読書家の中では「芥川賞や直木賞より影響力がある」とされる文学賞「新井賞」を受賞したのだ。

 今回は、この新井賞受賞を記念し、作者のはるなさんと新井賞創設者の、三省堂書店書店員・新井見枝香さんとの対談を実現。なぜ、選ばれたのか。『ダルちゃん』が心にしみる理由をひもとく。

 新井賞は、新井さんが2014年に創設した。半年に一度、“いちばん好きな”作品を、芥川賞・直木賞と同日にツイッター上で発表している。たくさんの本に触れる現役の書店員が、本当におもしろい作品を選んでいるとあって、その影響力は大きく、受賞作は毎回ベストセラーになっている。

 一体なぜ今回『ダルちゃん』は選ばれたのだろうか。新井さん本人にうかがった。

◆詩を書くとはどういうことなのか

新井見枝香さん:実は正直、どの登場人物にも共感はできなかったんです。ダルちゃんみたいなタイプの人間はよく見かけるけれど、私自身は違うので。でも、“この本が好き”という感情が湧き出てしまって、授賞を即決しました。この作品には、詩を創作する女性の葛藤が描かれているんですが、“普通の人間”にとって、詩を書くって特別なことじゃないですか。創作の葛藤なんて、理解しがたい感情だと思っていたんです。でも、ダルちゃんの、表現することへの覚悟に対し、説得力を感じました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング