中居正広、ピリつく警官を笑顔にするさすがの「仕切り力」

NEWSポストセブン / 2019年2月16日 7時0分

警官は中居とわかると柔和な表情になり、にこやかに対応する

 翌日は都心でも積雪の予報が出されていた。足早に家路につく人が多く、いつもより人通りが少ない。2月8日の夜。寒空とは対照的に、都内某所にある居酒屋は芸能人たちの熱気でむせ返っていた。

「午後9時くらいかな。中居さんやお笑い芸人さんたちが10人ぐらいで入ってきたんです。奥の座敷に座ったんですが、さすがにみんなすごいおしゃべりで(笑い)。座敷の外にまで声が響いていました。特に中居さんはすでにお酒が入っていたのか、陽気な様子で話していました。あの特徴ある声で『おれ、ハイボールね』と注文する声が聞こえた時は、テレビと同じだ!と感動しました(笑い)」(居合わせた客)

 メンバーは中居正広(46才)のほか、陣内智則(44才)、ザキヤマことアンタッチャブルの山崎弘也(43才)、おぎやはぎの矢作兼(47才)、タカアンドトシのトシ(42才)、ハリセンボンの近藤春菜(35才)ら、人気芸人たちだったという。

「このメンバーは中居さんがメインMCを務める『ナカイの窓』(日本テレビ系)の出演者たちです。『ナカイの窓』は3月いっぱいでの打ち切りが決まったと報じられていますが、その打ち上げだったとか。深夜帯(午後11時59分放送)で視聴率は7%程度はあったし、その数字はほかの番組と比べてもそれほど悪くはありません。テレビ業界関係者からは『なぜ?』といぶかる声も上がっています」(テレビ関係者)

 突然の打ち切りと関係があるのだろうか。この夜の飲み会では、テレビでは言えないような本音トークが飛び交っていたという。

「特に盛り上がっていたのは、ギャラに関する話でした。中居さんが陣内さんに“(取り分は)事務所が9で芸人が1なんだろう?”と聞いたら、陣内さんが“それは違います。上の立場になれば、案件によって、かなりもらえるんですよ”と熱心に説明していました。それを聞いた中居さんは“なんだよ、全然いいじゃないかよ!”と突っ込んでいましたね。ほかの事務所のギャラ事情についても言及していて、みなさん興奮気味に話していました。

 中居さんは“もうCDが全然売れない。1万枚売れればすげ~時代なんだぜ”と音楽業界の現状についても熱く語っていましたよ」(前出・居合わせた客)

 一方で、お笑いに関しても熱心に持論を展開していたという。

「“おれは南海キャンディーズの山ちゃんはすごいと思ってる”と山里亮太(41才)を褒めちぎったり、“『M-1』っていい番組だよね。しびれるよね”と、『M-1グランプリ』を高く評価したりしていました。その都度、矢作さんが“はいはいはい”“なるほどなるほど”なんて大きなリアクションでうなずいていた(笑い)。中居さんはザキヤマさんや陣内さんが話している時には、絶妙なタイミングで合いの手を入れてトークを盛り上げていて、飲み会でも番組MCさながらでした」(前出・居合わせた客)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング