天皇陛下 大寒波でも被災者を気遣い節電を続けられている

NEWSポストセブン / 2012年2月11日 16時0分

 宮内庁は天皇陛下が2月11、12日に東大病院に入院され、心臓を取り巻く冠動脈の血流を見る造影検査を受けられることを発表した。

 陛下はちょうど1年前の昨年2月にも同病院で同様の検査を受けられているが、このときは動脈硬化や血管が狭くなる狭窄が見つかっている。

 そのため、この1年間、陛下は投薬治療の他に、1日の体調変化を確認する「24時間心電図」検査も受けてこられた。今回入院検査を受けられることになったのは、1月中旬、テニスや卓球といった運動負荷をかけた際に、部分的に血流が滞る「虚血性変化」が心電図で確認されたためだ。

 昨年11月にはマイコプラズマ菌による軽度な気管支炎のため、同病院に約3週間入院されたばかりの陛下。退院直後から公務を再開され、新年を迎えられてからも、1月だけですでに60件を超えるご公務を果たされるなど、これまでと変わらぬ過酷なスケジュールなのだ。それだけに、今回の異変には多くの国民が陛下のご体調を案じている。

 しかし、そんなご体調でありながら、陛下は常に国民のことを思われ、この大寒波の中でも節電を続けられているという。

「東日本大震災発生の直後から、その姿勢とお気持ちは、いまも変わられることがありません。とくに今年は日本海側の地域が豪雪になっていること、加えていまだに震災の被災者が、仮設住宅での生活を強いられ、水道が凍るとか暖房が効かないといった厳しい寒さに苦しまれていることに思いを馳せられています。陛下は、同じ立場、同じ気持ちでいたいというお考えをさらに強くされていらっしゃるのでしょう」(宮内庁関係者)

 昨年、震災発生直後の3月15日から、御所では両陛下のご意向で毎日最低2時間はブレーカーを落とす“自主停電”の措置が取られた。また、1日に2回、特定の地域が計画停電の対象となったときも、その地域と同じ時間、御所内も部分停電とした。

「夜ともなれば、御所内は真っ暗になるわけですが、両陛下は懐中電灯をお使いになっていました。食事についても節制を心掛けられ、無駄なガスや水道などを節約するよう、側近や職員らに伝えられました。

 さらに、両陛下はご自分たちのお食事を“一汁一菜”とするように大膳課に指示を出され、それを実行に移されたのです」(皇室関係者)

※女性セブン2012年2月23日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング