タニタ以外の注目社食 従業員以外も利用可のロート、農水省

NEWSポストセブン / 2012年2月14日 16時0分

写真

ロート製薬の社食「旬穀旬菜cafe」の牛肉とぜんまいの薬膳煮

 1食500kcal前後のヘルシーランチが話題となったタニタが、今年1月に『丸の内タニタ食堂』をオープンし、連日大賑わい。ますます社員食堂に熱い視線が注がれているが、リーズナブル、ヘルシーなど、社食ならではの+αがある施設はまだまだ他にもあります!

【ロート製薬】
「福利厚生のおすそわけというコンセプトで、2008年10月から社員食堂『旬穀旬菜cafe』 を一般公開しています。製薬会社なので社員も健康に過ごしてほしいという気持ちから、家庭薬膳料理を提供しています」とロート製薬の菊地寿子さん。

 薬膳といってもクセのある料理ではなく、パワーのある旬の食材を使ったやさしい味わいで、国際薬膳師が考案したメニューを野菜ソムリエの資格を持ったシェフが調理。メニューは月ごと、曜日ごとに替わり、A膳、B膳、10食限定の薬膳カレー(各1050 円)の3種。

 利用者の多くが一般の客でリピーターが多い。野菜たっぷりなので、特に30~40代の女性に人気で、「疲れたときにはここのランチを食べます」「毎日メニューが替わるので飽きない」「安心でおいしい」などと大好評。

<データ>
東京都港区芝1-7-5ロート東京ビル
営業時間:11時30分~14時  休み:土日祝

【農林水産省】
 これまでは許可を取って入館した人しか利用できなかった食堂を2008年にリニューアル。「米の消費拡大と食料自給率の意識向上」を目指し、入館証なしで誰でも利用できるようになった。

 施設は、テイクアウト専門の『おむすび権米衛』、『和食・カフェテリア 手しごとや 咲くら』、『そば・うどん日豊庵』の3店舗。『咲くら』ではメニューごとに食料自給率とカロリーを表示。『日豊庵』では、米粉を混ぜたうどんも提供している。

<データ>
東京都千代田区霞が関1-2-1
休み:土日祝および閉庁日(12月29日~1月3日) 営業時間:『おむすび権米衛』8時30分~14時、18~19時、『日豊庵』11~15時、『咲くら』8時30分~10時30分、11時30分~14時30分

※女性セブン2012年2月23日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング