カンボジア人記者「猫ひろしに代表になって欲しい人いない」

NEWSポストセブン / 2012年2月13日 7時0分

「感謝感激、カンボジア~ン」――。別府大分国際マラソンで自己記録を7分あまり縮める2時間30分26秒を叩き出した猫ひろし(34)は大はしゃぎだった。
 
 カンボジアに帰化してまで狙うロンドン五輪出場。

「あとは3月の発表を待つだけ。6月にプノンペンでハーフマラソンを走り、五輪でのマラソンに向けて調整予定です」(猫の関係者)

 カンボジア五輪委員会が設けていた「2時間31分前後」のハードルを超えたため、猫ひろしの周囲でも内定ムードが漂う。

 だが、五輪委員会がレース後に、

「五輪代表には2時間25分程度の記録を期待しています」と突如、ハードルを上げるような発言をしたのは気になるところだ。

 一体、どういう意図があったのか。プノンペンのカンボジア五輪委員会に取材をすると、「猫ひろしさんが記録を更新したのは知っています。基準を2時間31分から25分に変えたのは事実ですが、まだ誰が走るかはっきり決まったわけではなく、3月に開かれる会議でじっくり検討します。猫ひろしさんには走る資格はあります。全く問題はありません」(広報部)

 と、あくまでもまだ何も決まっていないと強調した。

 だが、カンボジア最大の英字紙『プノンペンポスト』のスポーツ記者の見方は非常に厳しい。

「猫ひろしさんはこの半年、こちらでもかなり話題になっています。しかし、カンボジア人は誰も、彼に『カンボジア代表になってほしい』とは思っていません。ライバルといわれているヘム・ブンティン選手は北京五輪にも出場し、カンボジアでは英雄として尊敬されています。

 たとえ猫さんがブンティン選手の記録を塗り替えても、所詮は日本人です。五輪委員会はそうした世論を感じて、猫さんが五輪に出場できないように仕掛けているんですよ」

 しかも、猫ひろしが狙うのは、カンボジアの選手が国際陸連が設定した五輪参加標準記録B(マラソンでは2時間18分0秒)をどの陸上種目でも破れなかった場合に、男女一人ずつ、いずれかの種目で出場できるという特例枠。猫ひろしが出場すれば、他のカンボジアの男子陸上選手は誰も出場できなくなる。こうした事情を知れば、カンボジアの五輪委員会が急にハードルを上げたのも納得できる。
 
※週刊ポスト2012年2月24日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング