震災後 避難所が「奇跡の避難所」へと変わる様子を描いた書

NEWSポストセブン / 2012年2月15日 16時0分

【書評】『笑う、避難所』(取材・文 頓所直人 写真 名越啓介/集英社新書/756円)

 * * *
 3.11震災直後、宮城県石巻市の勤労者余暇活用センター・明友館には難を逃れた近隣の人々が集まった。以来自主避難所であるそこは、あるリーダーを中心にほかの避難所へ救援物資を届ける“奇跡の避難所”へと変わっていく。その心温まる様子を描く。

※週刊ポスト2012年2月24日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング