型破りな行動が魅力の赤西仁 結婚願望は以前から強かった

NEWSポストセブン / 2012年2月16日 16時0分

 2月2日に結婚していたことを発表した赤西仁(27)と黒木メイサ(23)。赤西が所属するジャニーズ事務所・ジャニー喜多川社長でさえも、

「新聞を見て初めて知った。何も聞いていなかったのでただ驚き。ある程度連絡してほしい…」

 と困惑したほどの電撃婚で、赤西とメイサは誰にも相談も報告もせず、ふたりだけで結婚を決めたのだった。

 これまでも、突如海外留学を理由に芸能活動を休止したり、復帰後もアメリカで活動を理由にKAT-TUNを脱退したり、我が道を歩んでいる赤西。規律の厳しさでは芸能界一といわれ、長幼の序や礼儀を重んじるジャニーズ事務所において、ある意味、わがままを通した赤西の行動はどうみても異端だった。

 だが、この型破りな行動も、ファンからしてみれば魅力に映り、赤西の人気を支える要因のひとつにもなった。芸能界のなかにも、そんな赤西だからこそ、惹かれる女性は多かった。上原多香子(29)、西山茉希(26)、RINA(29)、加藤ローサ(26)。さら香椎由宇(24)やBENI(25)との深夜デートなど、多くの女性と噂になった。

 肉食男子の赤西だが、昔から結婚願望は強かった。2010年11月の全米ツアー中、女性セブンの取材に彼はこんなことを語っている。

「ロスの自宅では外食しないで、友人と料理をいろいろ作った。そういう生活をしていると結婚願望も強くなる。奥さんいたら楽だろうなって。タイミングが合えばいつでもしたいですよ。子供は、最初が女の子で3人欲しい。でも、娘がカレシとか連れてきたら嫉妬すると思うな」

 行動は異端ながら、一方でこんな家庭的生活を思い描く赤西。そのギャップに、メイサも惹かれたのかもしれない。

※女性セブン2012年3月1日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング