歯のホワイトニング 削るのではなく過酸化水素を塗って行う

NEWSポストセブン / 2012年2月22日 7時0分

「芸能人は歯が命」という歯磨き粉のCMが以前話題になったが、白い歯は人の印象を良くするもの。白くするための手段として「ホワイトニング」もあるが、実態がよく分からない人も多いのでは?

 ホワイトニングの施術を行うホワイトエッセンス銀座のティースセラピストで歯科衛生士の関口麻美さんによると、歯が白さを失う理由については「歯の黄ばみは加齢や着色しやすい食べ物が原因。どんな人でも年を重ねれば、歯は黄ばんで見えるようになります」とのこと。

 対策としては「コーヒーカップや湯のみ茶碗と一緒で、黄ばみ が濃くなってから漂白すると、それだけ時間がかかり、その分、料金もかかってしまいます。40代頃から早めのホワイトニングを行い、ホームケアで白い歯を 保つことがおすすめですね」と語る。

 気になるのが、ホワイトニングを一度でもしたら、もう黄ばまないのかだが、関口さんによると「ホワイトニングは歯の漂白。歯を使ううちに戻りますが、色の濃い食べ物を避け、定期的にメンテナンスをすれば白さを長く保てます」とのことで、永久に白い歯でいられるということではないようだ。

 かかる費用については、「各サロンで価格は異なり、1回16~20本のコースで2万~5万円が相場。回数を増やすほど値段は高くなりますが、白さをキープできます」(関口さん)とのこと。

 また、ホワイトニングをするにあたって躊躇するのが歯が削れて薄くなったり痛くなったりはしないのかという点だ。これについては「過酸化水素という薬剤を塗るので、歯を削ることはもちろん、痛めることもありません。知覚過敏のかたはしみるのを抑える薬剤もあります」(関口さん)とのことで、別に削ったりするわけでもないようだ。

※女性セブン2012年3月1日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング